【より便利な公共交通機関へ】台湾の鉄道・バス業界

taiwan-train-bus

台湾の公共交通機関は最近になってスマホでの支払いが可能になり、また新たな鉄道の開通を発表するなど、現地民はもちろん観光客にとっても便利な街づくりが進められています。

今回は、そんな台湾の鉄道・バス業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

[toc]

台湾の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!
目次

2021年 台湾の鉄道・バス(運輸・物流)業界

台湾にて台北市バス予約システムと台北passが結合〜鉄道・バス業界動向〜

臺北市公共運輸處(台北市公共運輸局)とバス事業者は、2020年7月1日からバス予約ができるバスアプリシステムを試験的に開始していた。

試験期間中、バスに搭乗しなかった顧客にその理由を調査したところ、予約日を間違えたり、キャンセルを忘れていたことが明らかになった。これらの状況を改善し、市民により良い予約サービスを提供するため、2021年7月1日から台北通(Taipei pass)はバス予約システムのサービスと統合された。

台北通(Taipei pass)は、個人識別情報と複数の市営サービスを組み合わせたもので、台北市のデジタル身分識別IDでもある。今後はこちらを利用することでバス予約ができるようになる。

出典:http://www.busgroup.org.tw/WebMaster/?module=news&func=_detail&id=116

台湾の台灣高鐵、駅構内の店舗賃料を減額へ〜鉄道・バス業界動向〜

台湾国内の新型コロナウイルスの流行は国内の高速鉄道の交通量と収益に影響を及ぼしている。そんな中、同国で新幹線事業を担っている台灣高鐵は、全線の駅構内の152店舗の賃貸店舗・カウンター店舗を対象に家賃の減額を発表した。

台灣高鐵は、賃料引き下げ措置を通じて、新型コロナウイルスの深刻な影響を受けているショッピングモール、店舗パートナーを支援する。また、店舗パートナーの負担を軽減することで、運営上の困難を一緒に乗り越えることを望んでいる。

家賃の引き下げ率は、新型コロナウイルスの流行が台灣高鐵の輸送量に与える影響によって決まる。例えば、前年同時期の運送量が51%以上下がっていると最大50%の家賃減額が行われる。

出典:https://www.thsrc.com.tw/ArticleContent/8b583b22-859a-4fc9-afd7-ee82f4b55d06

taiwan-train-bus

台湾の高雄捷運、QRコードでの実名搭乗を開始〜鉄道・バス業界動向〜

2021年5月19日の発表によると、高雄市の交通機関である高雄捷運は、防疫のためQRコードでの実名搭乗を開始した。これは、政府主導の全国版実名制QRコードシステムの開設を受けたもの。

さらに、同社は政府の方針に協力して、クラスター予防に取り組んでいる。乗客の権利と利益を保護するため、各種月額搭乗プランと90日間の無制限乗車プランについて、運賃の払戻または期間延長処理を行うこととした。またピークタイムの発車時刻の調整も行う。

一般市民は2021年12月31日までに払い戻しまたは有効期間の延長を申請できる。乗車の際は、マスクの着用が義務化されており、着用しない場合は罰則がある。

出典:https://www.krtc.com.tw/Information/news_more?id=d0b64c57f9ad4e6d894200550e30197c

台湾の淡海路線、通勤者に安全な移動手段を提供〜鉄道・バス業界動向〜

新北市内のメトロを運営する新北大眾捷運の淡海路線は、新型コロナウイルスの影響で、乗車数は低下しているが、通勤者に安全な移動手段を提供するため、積極的な防疫対策を進めている。

同社は新北市の技術メーカーである「NavJack」と国際的な医療メーカーである「MeideMedical」と協力して、「予防およびウイルス対策デモンストレーションプログラム」を共同で立ち上げた。台湾で初めて駅と車両に「抗ウイルステクノロジー」を適用し、通勤者が安心して搭乗できるようにしている。

また、台湾の新型コロナウイルスの防止レベルが3級に引き上がったことを受け、乗客の安全を確保するために主要駅は1時間ごとに、他駅は2時間ごとに消毒することを発表した。

出典:https://www.ntmetro.com.tw/news/?mode=data&id=996&parent_id=10436&type_id=10449

台湾 台北市のバスサービス評価〜鉄道・バス業界動向〜

2020年の台北市区第2期のバス運行サービス指数の評価結果が発表された。首都客運、大都會客運、欣欣客運及臺北客運の4つは特に優れた旅客輸送事業者として評価された。

今回の評価結果は、「駅の施設とサービス」、「輸送機器と安全性」、「旅客サービス品質とドライバー管理」、「バリアフリー施設、サービス、輸送機器設備と安全」、「企業経営と管理」を含めた5大項目と合計28個の指標に基づいている。優れたバス運行サービス業者を評価するため、市政府は2021年4月30日に表彰を行った。

台北市の公共バスは1992年からサービス評価を行っている。公共交通サービスの基準を客観的に測り、サービス品質の評価を通じて見直しや改善を行い、運営・管理を強化している。

出典:http://www.shinbus.com.tw/index

台湾の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!

2020年 台湾の鉄道・バス(運輸・物流)業界

台湾ICカード運営会社、公共交通機関でのスマホ決済導入へ〜鉄道・バス業界動向〜

台北地下鉄やバスで利用できるICカードの運営会社「悠遊卡股份有限公司」は、スマートフォン決済の導入を発表し、2019年12月16日よりスマートフォン決済「イージーウォレット」(悠遊付)を開始した。

「イージーウォレット」(悠遊付)により、QRコードスキャン支払い、「悠遊カード」(ICカード)への自動チャージ、台北の水道料金、台北市営病院の医療費、台北の駐車料金の支払いなどの機能が利用可能となった。

利用方法としては、専用アプリをスマートフォンでダウンロードし、登録するだけ。「悠遊卡股份有限公司」はスマホ決済の導入によってサービスの拡大を目指している。

出典:悠遊卡股份有限公司https://www.easycard.com.tw/new?cls=1&id=1576548086

台湾交通省、大型車両の運転免許証上限年齢を緩和〜鉄道・バス業界動向〜

2019年12月22日の発表によると、交通省は条件を満たした産業業界の大型車両の運転免許証上限年齢を65歳から68歳に延長した。これは輸送業界のスタッフ不足に対応するために、高齢者の雇用権を考慮したからである。道路交通安全規則によると、通常大型車運転免許証保持の最大年齢は65歳である。

条件として、固定エリアでの運転、短い運転距離、および1日の最大労働時間の制限がある。また人手不足である「貨物業界」、「観光ツアーバス」、「長距離バス業界」の3つの業界に適応される。

事故などを防ぐため、65〜68歳の大型車ドライバーには、通常の身体検査に加え、睡眠の質(PSQI)の評価と運動などを含めた特別な健康診断を必須としている。また、認知機能検査または認知症の不在証明書を添付する必要がある。

出典:https://www.motc.gov.tw/ch/home.jsp?id=14&parentpath=0%2C2&mcustomize=news_view.jsp&dataserno=201912220001&aplistdn=ou2

taiwan-train-bus

淡水区と八里区を結ぶライトレール、台湾交通部が承認〜鉄道・バス業界動向〜

2019年12月11日の発表によると、新北市政府捷運工程局は「八里輕軌(ライトレール)」の交通部(交通省)の承認を得たと発表した。全長5.6キロの路線は淡水河を挟んだ淡水区と八里区を結ぶものである。

「八里輕軌(ライトレール)」には7駅設置される予定である。淡水区と八里区を結ぶことで、地元住民の通勤が楽になるだけでなく、八里区の観光と地域開発を促進することが期待できる。

「八里輕軌(ライトレール)」の総費用は76.89億元(約275億4200万円)。実現可能か行政院によって承認された後、工事計画や環境への影響、計画表を提出する予定である。この計画表が承認後、5年以内に完了する予定。

出典:https://www.dorts.ntpc.gov.tw/home.jsp?id=b7fc60457a0ec35a&act=be4f48068b2b0031&dataserno=d3e99e3e76a37e26b1388d05c832a20b

住友商事、台湾最大手電動バスメーカーへ出資〜鉄道・バス業界動向〜

2019年11月12日の発表によると、住友商事株式会社は、台湾最大手の電動バスメーカーであるRAC Electric Vehicles Inc.(以下「RAC社」)に出資することで、合意した。

深刻な大気汚染が問題となっている台湾では、政府が再生可能エネルギー産業の発展に向けた諸施策に取り組んでおり、バスの電動化は政府が積極的に推し進めている施策の1つ。政府は、2030年までに路線バス約1万台・高速バス約5千台を全て電動バスに切り替える計画を発表している。

住友商事グループは、電動バス製造販売事業という新たな事業領域をベースに、RAC社と協業して、台湾国内の電動バスユーザー向けソリューションの提供など電動バス周辺事業の開発に取り組む。さらに今後も需要拡大が見込まれる他地域への展開を図ることでRAC社との連携を深めていく計画だ。

出典:https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2019/group/12670

台湾経済部、自動運転小型電気自動車バス「WinBus」を発表!〜鉄道・バス業界動向〜

2019年8月27日、経済部は自動運転小型電気自動車(EV)バス「WinBus」の発表を行った。「WinBus」は台湾で開発・製造された、すべての動きに人間の操作を必要としないバスである。アメリカ自動車技術会(SAE)が定める規定のうち「レベル4(高度運転自動化)」にあたる。

経済大臣は、「自動車産業は燃料車から電気自動車に進化している。この動きに伴い、経済部では4つの手段で促進をサポートする」と述べている。その手段とは、「電気自動車に関する規制作り」、「技術開発の促進」、「運用サービスモデル開発」、「自動運転の機関チームの促進」である。

「無人車両技術革新実験規則」も整っており、無人車両の実証運転を促進するための援助金をサポートすると発表された。

出典:https://www.moea.gov.tw/Mns/populace/news/News.aspx?kind=1&menu_id=40&news_id=86368

まとめ:台湾の鉄道・バス業界

台湾のMRTと新幹線は年々増加傾向にあります。これは訪台観光客と比例関係にあり、2017年に開通したMRT桃園は桃園国際空港から台北駅まで30分で到着するなど観光客にとって便利なものとなっています。今後も観光客に配慮した公共交通機関作りがますます必要になってくるでしょう。

台湾の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次