【統計データで解説!】シンガポールの建設・インフラ・環境業界の最新トレンド・業界事情

china-construction

この記事では、統計データを用いてシンガポールの建設・インフラ・環境業界の最新情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

[toc]

シンガポールの建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!
目次

シンガポールの建設事情〜統計データ〜

建設分野の公共、民間事業比率

現在シンガポールの建設活動は、新型コロナウイルスパンデミック前のレベルに近づいている。このセクターは2021年に299億ドル相当の建設需要を記録し、前年と比較して42%もの増加となった。インフラや住宅開発などの公共部門の投資プロジェクトは、昨年の全体的な作業負荷の約60%を占めた。

今年は、民間部門が引き続き仕事量の40%近くを占めると予想されていて、この比率は近年大きく変化していない。建設セクターが継続かつ安定的に受注するためには、業界の請負業者と他の利害関係者、および開発者や建築家などのクライアントの間で、協力的な関係を構築することが重要である。

建築分野の公共、民間事業比率

出典:Edge Prop

シンガポールの棒鋼1トンあたりのコスト

2021年のシンガポールでのパンデミックの最盛期における厳格な国境管理によって、建設部門の移民労働者が制限された。これによって遅延するプロジェクトが発生し、人件費も増加した。しかし、近年では一般的に移民労働者の供給が改善され、建設会社が直面している労働圧力を緩和するのに役立っていると言える。

2021年における建設資材のコストは約15%上昇し、2022年は約5%から8%の増加になると予測された。例えば、棒鋼のコストは2020年12月の1トンあたり808.52ドルから、2021年12月には1,105.5ドルに36.7%跳ね上がる結果となった。

シンガポールの鉄鋼1トンあたりのコスト

出典:Edge Prop

シンガポールの不動産デベロッパー事情〜統計データ〜

シンガポール民間住宅の不動産価格指数

シンガポールの不動産市場は、安定していることから外国人投資家に注目されており、不動産の価値は着実に上昇している。COVID-19の渦中であった2021年も、シンガポールの不動産市場は成長を続けた。情報筋によると、2021年には合計28,734件の非上陸住宅(マンションやHDB)取引があり、20億米ドルの売上を記録した。

手頃な価格のプロジェクトが2021年第3四半期に市場を独占し、ベストセラープロジェクトの10件中9件が中部圏外 (OCR) であった。これは主に、過去2年間の立ち上げによる良好な業績と、在宅勤務の取り決めが続いているため、より大きな家が好まれたことが原因である。過去1年半にわたるシンガポールの私有不動産市場の持続的な成長は、不動産売り手の市場に対する揺るぎない評価によるものである。

シンガポール民間住宅の不動産価格指数

出典:URA

シンガポール私有住宅の賃料指数

上陸物件(テラスハウス、半戸建て住宅、一戸建て住宅)の賃貸料は、前四半期の3.2%の増加と比較して、2022年第3四半期に10.9%の増加を記録した。また、非上陸物件(マンションやHDB)の賃貸料は、前四半期の7.1%の増加と比較して8.3%増加する結果となった。

2022年第3四半期のCCRの非上陸物件の賃貸料は、前四半期の7.7%の増加と比較して7.0%増加した。RCRの賃貸料は、前四半期の5.9%の増加と比較して9.6%増加し、OCRのレンタルは前四半期の7.7%の増加と比較して8.8%増加した。不動産価格の上昇は続く可能性が高いが、取引量の減少とともに減速の兆しが見えはじめている。

シンガポール私有住宅の賃料指数

出典:URA

シンガポールの建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

シンガポールの不動産仲介事情〜統計データ〜

シンガポールの新築物件販売件数

不動産仲介業者として直面する可能性のある最も困難な問題の1つは、不動産の契約期間が短いことである。その場合、仲介手数料が発生せず、その間は収入がないことになる。シンガポールの新築民家の年間取引件数を見ると、直近5年間で個人住宅の販売は平均9,945件で、2007年から2013年の間に販売された平均14,729件を下回っている。

2021年12月の不動産冷却措置の発表、追加購入者の印紙税 (ABSD)の引き上げと金利の上昇により、より多くの人が財政的に慎重になる可能性がある。その為、これらの複合要因は不動産市場の動きの鈍化を意味する可能性がある。

シンガポールの新築物件販売件数

出典:Property Guru

シンガポールの不動産仲介業シェア

シンガポールの不動産代理店業界は、一握りのプレーヤー (わずか4 つのプレーヤー)に属するエージェントによって支配されており、市場シェアの約72%を占めている。残りの市場シェアは1,000の代理店によるものである。業界は、コンプライアンス要件と競争の激化により、過去に複数の統合作業を経験してきた。

PropNex Realty (PropNex)とAPAC Realty(ERAブランドで運営)はシンガポールで唯一の上場不動産会社であり、エージェントの市場シェアで一貫してトップ2の地位を占め、現在は市場全体の半分近くを占めている。それに応じて、PropNexとERA Realtyは、どちらも個人住宅 (一次および二次) およびHDB再販市場全体で80~90%の取引シェアを持っている。

シンガポールの不動産仲介業シェア

出典:Stocks BNB

シンガポールの水道事情〜統計データ〜

シンガポールのセクター別水消費割合

シンガポールでは、毎年約6億6,360万Lの水が使用されている。これは116.7m³に相当し、シンガポールの水消費量はイスラエル (132.7m³) やスロバキア (105.1m³) などの国と並んでいる。シンガポールでは130万以上の家庭と各世帯が2人以上から構成されていて、シンガポール全体の水需要の45%を家庭部門が占めている状況である。

残りの55%は、シンガポールの産業部門のさまざまな部分で使用されている。2019年、家庭部門は2億9,760万m³の飲料水を使用した。また、産業部門は3億6,490万m³の水を使用し、その大部分は飲用水であった。

シンガポールのセクター別水道消費割合

出典:PUB

シンガポールの一人あたりの水消費量推移

2020年、平均的なシンガポール人は1日に約154Lの水を使用していた。これを2019年に記録された値 (1日あたり141L) と比較すると、9.21%の増加であった。PUB(Singapore National Water Agency)によると、この大幅な増加はCOVID-19のロックダウンにより、多くの市民が家にいることを余儀なくされたことが原因である。

全体として、2020年の水の消費レベルは2010年以来見られなかった過去最高を示している。シンガポールの家庭の水の大部分がシャワーの使用に使われていて、29%だった。その後トイレの使用と食器洗いが続き、それぞれ17%と16%だった。

一人あたりの水消費量推移(L/日)

出典:PUB

シンガポールの建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

シンガポールの電力・ガス事情〜統計データ〜

シンガポールの電気料金推移

2020年、シンガポールの10月から12月の期間の家庭用電気料金は、前四半期から約9.3%上昇した。これは、4 部屋のアパートに住む家族の月平均電気料金が、GST適用前で7.01シンガポールドル増加したことを意味する。四半期の増加は、電力料金の主要な要素を形成している発電会社に支払われるエネルギーコストが上昇したことが原因である。

電気料金は、電力業界の規制当局である Energy Market Authority (EMA) が設定したガイドラインに基づいて四半期ごとに見直され、改訂された料金表は当局によって承認されている。今後も各種材料コストの増加などにより電気料金が上がる可能性が高い。

シンガポールの電気料金推移

出典:Singapore Department of Statistics

シンガポールの主要エネルギー割合

シンガポールの使用しているエネルギー資源の割合は、天然ガスが78%、石油が19%、再生可能エネルギーが3%である。この中でも特に天然ガスを主なエネルギー資源としており、その多くをマレーシアやインドネシアからの輸入に頼っている。

独立以降のシンガポールで都市開発や産業開発が行われる中、都市部での住宅の不足や大規模な失業、死亡率低下と高い出生率による人口増加により、シンガポール政府は悩まされていた。現在は少子化の問題を抱えているものの、海外からの居住者により人口は増えつつあり、将来的にエネルギー生産が間に合わなくなる可能性がある。

再生可能エネルギーや廃棄物発電の開発が重要視されているが、原子力の導入には否定的であるため、シンガポールでは現在輸入しているエネルギー資源で電力をまかなうため省エネルギー法が施行されている。

シンガポールの主要エネルギー割合

出典:Singstat

シンガポールの建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次