【統計データで解説!】中国の建設・インフラ・環境業界の最新トレンド・業界事情

philippines-building

この記事では、統計データを用いて中国の建設・インフラ・環境業界の最新情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

[toc]

中国の建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!
目次

中国の建設事情〜統計データ〜

中国エンジニアリング建設業界市場規模

中国経済の継続的な成長、建設監理業界における強制監理制度の適用範囲の拡大、および強制監理の実施の強化に伴い、中国のエンジニアリング建設市場の全体規模は着実に成長している。

統計によると、2020年現在、中国のエンジニアリング建設企業の営業収益は7178億1600万元に達し、前年比19.75%の増加となった。また、2020年の中国のエンジニアリング建設企業の契約額は9951億7300万元で、2019年より17.07%増加となった。そのうち、プロジェクト監理契約額は2166.02億元で、前年比8.98%増加であった。

中国のエンジニアリング建設業は比較的市場化度が高く、企業数は多いが、全体的に小規模である。統計によると、2020年中国のエンジニアリング建設企業数は9,900社で、2019年と比較して1,431社増加した。

中国エンジニアリング建設業界市場規模

出典:華経情報網

2021年中国建設企業トップ10

2021年のENR「世界最大の250の建設企業」リストでは中国企業8社がトップ10入りし、かつトップ1から5すべて中国企業が占めた。これは世界のインフラ業界における中国企業の主導的地位を反映している。中国の土木建設業界の市場規模は巨大で、参画企業も多い。

国家統計局のデータによると、2020年の中国建設業界企業数は116,722社に達し、依然として上昇傾向にある。市場集中度をみると、2020年の中国土木建設産業のCR3は約11%、CR5は約15%、CR10は19%未満、CR20は20%となっている。業界には多くの大手企業があるが、業界全体の集中度は比較的低く、これは主にエンジニアリング建設業界の巨大な市場によるものである。

2020年中国建設企業営業売り上げ(億ドル)

出典:前瞻産業研究院

中国の不動産デベロッパー事情〜統計データ〜

中国不動産開発投資金額

2021年、中国の不動産開発投資額は147億6020万元で、前年比4.4%増加となった。そのうち、住宅への投資は11兆1,173億元で前年比6.4%増、オフィスビルへの投資は5,974億元で前年比8.0%減、商業ビルへの投資は1,244.5億元で前年比4.8%減であった。

地域分布の観点から見ると、2021年の不動産開発投資は主に東部地域に集中していた。東部地域だけで7兆7,695億元の投資があり、全体投資額の52.64%を占め、前年比4.2%の増加となった。西部地域の投資額は3兆3,368億元で、全体の22.61%、中部地域の投資額は3兆1,161億元で21.11%を占めた。開発投資が最も少なかったのは東北地域で、投資額はわずか5378億元で全体の3.64%にとどまった。

中国不動産開発投資金額

出典:東方財富網

中国不動産開発面積

2021年、中国の不動産開発会社の住宅施工面積は97億5,387㎡で、前年比5.2%増となった。うち住宅施工面積は69億319万㎡で5.3%増加した。新規不動産の着工面積は19億8,895万㎡で前年比11.4%減少し、過去6年間で初めての前年比減となった。うち住宅の着工面積は14億6,379万㎡で10.9%減少し、新築住宅着工面積が新築住宅販売面積を下回るのも過去4年で初めてである。

約5年間の高度な運用と継続的な規制の後、中国不動産ディベロッパー市場は合理的な成長の時代を迎えたといえる。不動産の長期メカニズムや都市固有の政策の継続的な改善により、不動産投資は2022年以降も着実かつ健全に発展すると予想される。

中国不動産開発面積

出典:東方財富網

中国の建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

中国の不動産仲介事情〜統計データ〜

中国不動産仲介業の市場規模

近年不動産産業の発展に伴い、中国の不動産仲介業の市場規模は年々拡大している。シェルハウスサーチの報告によると、2019年中国の不動産仲介業務の取引額は10.5兆元に達し、市場浸透率は47.1%となった。

2020年には、中国の不動産仲介業務の取引額は約11.5兆元、市場浸透率は約49.6%となるとみられている。その中でも特に既存住宅事業の割合が最も高く、2014年から2019年にかけて仲介を通じて販売された既存住宅の規模は2.2兆から5.9兆に増加し、年平均複利成長率は21.6%となった。2019年の普及率は88.1%に達し、2020年の既存住宅の取引額は約6.5兆元となる見込みである。

不動産仲介業務取引額

出典:前瞻産業研究院

中国不動産仲介業に対する消費者の不満

中国では、不動産仲介業の急速な発展の過程で、効果的な監督措置が不足しているため、業界のサービスレベルにムラが生じている。また、一部の不動産仲介業者の中には不適切な手段で利益を得ようとする業者もある。

調査データによると、消費者の30.2%が住宅取引における仲介業者のムラのある対応に不満を持っている。よって、近年不動産仲介市場を規制するため、公正で合理的な不動産取引市場の構築に向けた取り組みが各地で行われている。

杭州を例にとると、2021年8月18日、杭州住宅管理局の中古住宅取引プラットフォームが新機能を開始し、個人の住宅販売業者は仲介業者をスキップして政府プラットフォームのウェブサイトに独自に住宅を掲載できるようになり、市場の注目を集めた。

不動産仲介業へ対する消費者の不満(%)

出典:前瞻産業研究院

中国の水道事情〜統計データ〜

中国の都市水道の総供給量と普及

2011年の中国の都市水道の総供給量は513億4200万㎥であったが、2021年には673億3400万㎥と急速に増加している。同時に、国内の都市給水普及率は2011年の97.04%から2021年には99.38%に増加した。

水道事業の成長に伴い、中国国内の水道施設への投資規模は日々拡大していて、水道固定資産への投資規模は2011年の431.9億元から2021年には770.6億元に増加した。インフラへの国内投資の増加に伴い、給水パイプラインの長さは日々延長されており、2011年の573,800kmから2021年には1,059,900kmと急速に伸びている。

中国の都市水道の総供給量と普及率

出典:観知海内

中国水道業の営業収益

近年、中国の水道業への参加企業数と市場規模は拡大を続けている。国家統計局が発表した2012年から2020年までのデータによると、中国の水生産および供給産業における指定規模以上の企業の数は、2012年の1,166社から2020年には2,459社と、年々増加する傾向を示している。

中国の水道業における一定規模以上の企業の営業収益は、2012年にわずか1268億8000万元であったが、2020年には3381億8000万元に達した。中国政府は水道業の高品質で持続可能な発展を促進し、水環境の改善のための政策基盤を築くための政策を打ち出しており、その傾向は今後も続くとみられる。

中国水道業企業営業収益

出典:前瞻産業研究院

中国の建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

中国の電力・ガス事情〜統計データ〜

中国の電力消費量

中国の電力消費市場の規模は拡大し続けていて、中国の電力委員会のデータによると、2022年1月から2月までの中国社会全体の電力消費量は1兆3,467億kWhで、前年比で5.80%増加した。

そのうち、一次産業の電力消費量は163億kWhで前年比12.8%増加し、総電力消費量の1.2%を占めた。二次産業の電力消費量は8,413億kwhで前年比3.4%増加し、総電力消費量の62.5%と大部分を占めた。第三次産業の電力消費量は2,488億kwhで前年比7.2%増加し、総電力消費量の18.5%を占めた。家庭の電力消費量は2,403億kWhで前年比13.1%増加し、総電力消費量の17.8%を占めた。

中国の電力消費量

出典:華京産業研究所

中国のガス生産量

中国のガス生産量は2020年に1兆5,791億4000万㎡に達し、前年比で6%増加した。2021年1月から4月までの生産量は前年比で6,716億9000万㎡に達し、前年同期間より6%増加となった。

2020年の地域別のガス生産割合では、華北が36.8%、華東が27.2%を占め、上位2つの地域で全体の64%を占めた。東北の割合は10.8%で中程度であった。中国中部、西部、南部、北西部の生産量は比較的少なく、それぞれ8.2%、6.2%、5.6%、5.3%であった。

2020年、中国のガス生産量は上位3つの省と都市で総生産量の43.4%を占め、上位5つの省と都市で56.97%を占めた。上位10だと72.76%を占め、中国のガス産業は地域集中度が比較的高いことがわかる。

中国のガス生産量

出典:中商情報網

中国の建設・インフラ・環境業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次