【統計データで解説!】フィリピンの金融・法人サービス業界の最新トレンド・業界事情

この記事では、統計データを用いてフィリピンの金融・法人サービス業界の最新情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

[toc]

フィリピンの金融・法人サービス業界 業界地図はこちら!
目次

フィリピンの銀行事情〜統計データ〜

フィリピン銀行の合算資産

フィリピン最大の銀行、フィリピン銀行の合算資産を年度の第1四半期別でみてみると、2019年が約17兆ペソ、2020年が約18兆ペソ、2021年が約19兆ペソ、2022年が20兆ペソと前年比平均成長率は約5%、年平均成長率は5.57%であった。資産は堅調に推移しており、ローン、預金が増加している。最近のマクロ経済の逆風に直面しても、ローンの伸びと資産の質は底堅く推移している。

しかし、今後は持続的で頑固なインフレと、世界経済の成長の衰退が相まって、信用コストが上昇し、ローンの伸びが鈍化すると予想される。国内で営業している銀行の数は、継続的な銀行の統合と弱いプレーヤーの閉鎖により2021年12月末の506から2022年3月末には499に減少した。

運営している銀行には、45のユニバーサルおよびコマーシャルバンク、45の貯蓄銀行、407の地方銀行、および2つのデジタルバンクが含まれる。一方、店舗数は2021年12月末の1万3,154店から2022年3月末には1万3,182店に増加した。

フィリピン銀行の合算資産

出典:Business World

銀行口座所有への障壁

フィリピンの成人の口座所有率は、パンデミック前の2019年の29%から2021年には56%にほぼ倍増した。これは、期間内に2,200万人のフィリピン人が口座を開設したことを意味する。デジタル技術の進化と普及により、より多くの人々が銀行口座を開設したが、収入や取引コストの不足など、アカウントの所有権に対する主な障壁が課題として残っている。

さらに、口座を開設するための書類不足は、人口の大部分に依然として蔓延している。また、貯蓄者の半数以上が今でも自宅にお金を保管している。中央銀行によると、これらの課題は低所得層でより顕著であり、人口の脆弱なセグメントの財政的回復力をサポートするメカニズムを強化することが重要であるとのことだ。

成人の口座所有率

出典:GMA Network Inc

フィリピンの証券事情〜統計データ〜

証券業界の概況

フィリピンの株式市場における投資と取引の状況は、2018年は17兆370億ペソ、2019年は2%増加の17兆730億ペソ、コロナ禍の2020年は17兆710億ペソとわずかに減少し、2021年は22兆330億ペソの26%増と飛躍的に増加した。

これは、フィリピンにおいてパンデミックの影響が徐々に緩和される中で、企業と投資家の感情がゆっくりと回復し、より多くの雇用が創出されていることを意味する。パンデミック以前は可処分所得を旅行やショッピングに費やしていた労働人口の間で、より多くの人々が株式市場の口座開設への道を開き、株式投資に関心を持つようになった。

フィリピンはアジアの中心に位置し、世界の主要都市から飛行機で4時間以内の位置にある。6億人を超える人口を抱えるASEAN自由貿易市場または主要経済圏にアクセスしたい企業にとって、最も戦略的な場所であると言える。

フィリピン株式市場の取引額

出典:Philippine Stock Exchange, Inc.

オンライン証券取引口座数

オンライン証券取引口座数は、2020年の94万から2021年には116万と23%増加した。その結果、オンライン取引の価値も、前年の5,182.7億ペソから43.6%増加して7,444.9億ペソになった。これは2021年に記録的な数の新規株式公開(IPO)と、その後の株式公開があったことが一因と考えられる。フ

ィリピンの国内総生産の約40%は輸入と輸出でできており、非常に開かれた経済となっているが、フィリピン最大の貿易相手国である中国の経済成長の鈍化と米国の金利上昇により、フィリピンの経済パフォーマンスの見通しが鈍化している。

また、アジアのほとんどはエネルギー資源をを輸入しているため、ドル高と世界的な価格高騰は、フィリピン経済に大きな打撃を与える。

オンライン証券取引口座数

出典:Philippine Stock Exchange, Inc.

フィリピンの金融・法人サービス業界 業界地図はこちら!

フィリピンの法律事務所事情〜統計データ〜

フィリピン司法試験の概要

パンデミックのため、2020年の司法試験は実施されなかった。2022年司法試験の受験者総数は約10,006人。全受験者のうち、合計9,183人が合格し、第二次世界大戦以降の記録を更新し、2022年の司法試験がフィリピンで最大の合格者数となっている。

2022年の試験の高い合格率には、いくつかの要因が考えられる。第一に、パンデミックにより多くの人が試験の準備に多くの時間を割くことができ、あらゆるガジェットやツールを自由に使用できたことが挙げられる。現在すべての職業で利用できるWebサイトやアプリケーションの数が多いため、情報を誰でも簡単に入手できるようになったのだ。

また、試験は初めてデジタルで行われたため、受験しやすくなった人もいる。フィリピンの司法試験は世界でも非常に難しいことで有名であり、実際に合格できるのは(歴史によれば)受験者のほんの一部である。認定されたロースクールを卒業し、法律の学位を取得すると、司法試験を受ける資格が得られる。

フィリピンの司法試験合格者数

出典:The Summit Express

弁護士の現状

世界正義プロジェクト(WJP)はアメリカを拠点として発足し、「世界中で法の支配を推進するための知識を創造し、意識を高め、行動を促進するために活動する」ことを目的とする国際的な独立非営利団体であり、2022年のフィリピンにおける法の支配指数は次の通りである。

基本的権利は0.40ポイントで118位、刑事司法は0.32ポイントで117位、民事司法は0.45ポイントで104位、秩序と安全性は0.66ポイントで101位、規制施行は0.48ポイントで82位である。WJPは、フィリピンの「秩序と安全」を測る要素が改善されたと報告した。

これは、「社会が人や財産の安全をどの程度確保しているか」を測定するものである。世界的な法の支配の低下は、「権威主義の台頭」が要因であると述べられている。フィリピンでは、無料の法的支援を提供する弁護士が法律で決めれているが、PAOの弁護士は年間平均5,300人のクライアントを抱えているといわれており、弁護士が不足している。

2022年法の秩序の指数

出典:World Justice Project

フィリピンの会計事務所事情〜統計データ〜

会計士の需要増加

2020年はパンデミックの行動制限のため、国家試験は行われなかった。また、2021年はパンデミックの影響で試験を受ける人は減少傾向であった。2017年、受験者14,816人のうち4,511人が合格し、2018年は受験者14,358人のうち3,616人、2019年は受験者14,492人のうち2,075人の合格者であった。

公認会計士の新規合格者数、受験者数ともに減少傾向にあることは、パンデミックの影響もしくは会計専門職を目指す学生が減少していることが原因だと考えられている。フィリピンの会計教育の状況やローカルおよびグローバル市場における雇用主への新しいCPAの供給減の影響などが要因として考えられる。

また、グローバルなビジネス及び会計コミュニティにおけるフィリピンの会計ブランドのイメージ、公認会計士試験のプロセスやシステムの状況などを調査して、原因の追究をすることが必要とされている。これらに対応しないと、公認会計士という専門職がさらに減少を続ける可能性がある。

公認会計士試験の受験者数と合格者数

出典:Republic of the Philippines

会計システムの課題と目標

2022年7月に発表されたフィリピン統計局のビジネスプロセス産業の2019年の年次統計によると、総収益は8,106.1億ペソで、全体の60%以上が「顧客関係管理」業種となり、会計・財務は254.8億ペソであった。コールセンター産業が世界的に拡大して以来、世界中の企業が現金関連業務をフィリピンにアウトソーシングしている。

フィリピンは英語に堪能な熟練労働者を持つ、世界でトップのコールセンターサービスプロバイダーの国であるため、今後も期待されている。外部委託される現金関連プロセスのほとんどは、売買取引、債権回収、送金サービスなどの顧客サービス業務を行なっている。しかし、フィリピンのBPO産業が成長し続けるにつれて、より複雑なプロセスが国にアウトソーシングされるようになっている。

財務会計アウトソーシング(FAO)がトレンドとなり、フィリピンでは財務および会計の専門家の数が増加している。一般的にアウトソーシングされるFAOプロセスには、給与計算、注文から現金化(O2CまたはOTC)、調達から支払い、記録から報告までのプロセスがある。

2019年IT-BPM業界上位5位業種の収益

出典:フィリピン統計局

フィリピンの金融・法人サービス業界 業界地図はこちら!

フィリピンの人材サービス事情〜統計データ〜

フィリピンの労働市場

パンデミック期間中であった2021年1月の失業率は8.7%と近年で一番高い数値であった。これは行動制限と厳しい健康プロトコルのため、雇用市場での労働力の需要が低かったことが原因である。しかし、2022年1月には6.4%となり、徐々に労働市場は回復してきている。

フィリピン人労働者のエンプロアビリティー(転職の可能性や転職を実現する能力)を高めることは、国内の労働力を確立するために不可欠である。そのために、労働者のスキルと知識を継続的にアップグレードする必要がある。労働雇用省(DOLE)はフィリピン人労働者のエンプロアビリティーを高めるために、技術教育および技能開発局(TESDA)と協力して、現代的で即応性のある技術および職業教育訓練(TVET)と見習い制度を採用し、実施している。

フィリピンの失業率

出典:フィリピン統計局

フィリピン統計局

2021年4月から9月までの期間に海外で働いたフィリピン人労働者、OFW(Overseas Filipino Worker)の数は183万人であった。2020年から2021年にかけて、OFWの数は3.0%増加した。OFWは人材紹介会社および人材派遣会社を介して、海外の雇用者とつながっている。

フィリピンでは、政府に認可された機関のみが、雇用・派遣に関する求人を出すことが認められており、雇用書類をフィリピン海外雇用管理局(POEA)に提出する必要がある。POEAは、海外雇用の申請者の書類を評価および処理して、彼らの契約が海外でのフィリピン人労働者の雇用を管理する基準および要件を満たしているかどうか確認している。また、海外で働くための有効な海外雇用契約を結んでいることを証明するために、海外雇用証明書(OEC)を発行している。

海外で働くフィリピン人労働者の数

出典:フィリピン統計局

フィリピンの金融・法人サービス業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次