【コロナ禍で再熱!】中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

china-furniture

中国ではコロナ禍によって「ステイホーム」を余儀なくされたことから、日常生活の中心が家になり家具や生活雑貨への需要が高まりました。また2022年には、中国の家具メーカー「曲美家具」は新世代の消費者のニーズを研究するために空間美学研究所を設立するなど、生活習慣や美意識に合わせた新しい空間デザインの創造を計画しています。

今回は、そんな中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

[toc]

中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界 業界地図はこちら!
目次

2022年 中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター(流通・小売)業界

欧派家具が投資したSenying Window Co., Ltd.が上場成功〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

2022年9 月26 日欧派家具が投資した企業である Senying WindowIndustry Co., Ltd.が深セン証券取引所の成長企業市場に無事上場した。Senying Window Industryは、高級省エネ窓を主力事業とする初の上場として市場の注目を集めている。

Senying Window Industryは20年以上前の設立以来、省エネアルミクラッド木製窓の研究開発に力を入れており、中国で最も多くのPHI 認証を取得した窓企業である。開発されたアルミクラッド木製窓は超低熱伝達率を有し、世界第一線のパッシブ窓レベルに達する。同社は中国各地の建築省エネ基準の策定に参加し、中国の省エネアルミ張り木製窓産業の発展を主導し、業界のトップブランドとなった。

中国の家庭用家具業界の大手企業として、欧派家具は環境に優しく、健康的で省エネの排出削減ドアと窓を採用している。。Senyingは長年にわたり、「低消費で美しい生活」という企業使命を堅持し、革新的な技術で新しいグリーンでゼロカーボンの生活を推進してきた。

出典:http://www.oppein.com/cn/zixunzhongxin/pinpaixinwen/35059.html

曲美家具が創立30周年、上場7周年を迎えた〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

2022年、曲美家具は創立30周年、上場7周年を迎えた。2022年は今年はコロナ禍で家具業界全体が前例のない課題に直面していた。一方で多くの人が「ステイホーム」を余儀なくされたことにより、長年慣れ親しんだ家が、日常生活の一つの目的地から、生活の100%の中心へと急変したことで、家の空間と美学が人生に影響を与える可能性の大きさに多くの人が気づき始めた。

曲美家具は、デンマークの最先端デザイングループSAYS WHOと協力した「Denmark Lightシリーズ」と、若手デザイナーZhou Chechenn氏との「Roomyシリーズ」を発表するとともに、曲木と無垢材の2つの新シリーズを発売した。この一連の新しい製品の組み合わせが美しい生活空間をもたらし、市場に新たな活力をもたらすことを願っている。

また、新世代の消費者のニーズを研究するために空間美学研究所を設立し、最新のトレンドレポートを定期的に発表し、ソリューションを共有している。2022年、Dai Bei TALKと12人の空間デザイナーは、現代ユーザーの生活習慣や美意識に合わせた新しい空間デザインを創造するアクティビティを開始した。

出典:http://www.qumei.com/qumei/contents/30/1554.html

taiwan-furniture

全友家居が「2023年中国家庭消費者評判ブランド」の称号を獲得〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

新浪ホームファニシング主催の「2023年中国ホームファニシング消費者口コミ調査」の結果、独自のブランド力と業界の評判でを得て全友家居が「2023年中国家庭消費者評判ブランド」の称号を獲得した。

このアンケート調査は、家庭用家具のすべてのカテゴリーを対象とし、新浪家庭用家具の効率的な流通システムを通じたネットワークユーザー全体を対象とすると同時に主流の店舗でオフラインの消費者調査サンプルも収集した。アンケートには、消費者のブランド認知度、販売プロセスの評価、設置と配送、製品の品質、アフターサービスを含む 6 つの主要な側面が含まれていた。

高品質の家庭用家具製品の生産を確保するために、全友家居は世界クラスの家具生産設備を継続的に導入し、「モダン、グリーン、エコロジー、インターナショナル」を設計コンセプトとしたグリーン工業団地の建設に投資してきた。毎年数千のトレンディな新製品と数十のスタイルシリーズを革新して発売し、ユーザーにとって高価値、高価値、高価値の生活空間を創造し続けている。

出典:https://www.quanyou.com.cn/newsInfo/713418842738524160.html

林氏木业が生産能力30億元の新製造拠点をオープン〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

林氏が新たに建設した家庭用家具産業基地は仏山市九江市臨港国際産業団地内に位置し、土地面積は約98ムーである。プロジェクトの総投資額は5億元で、建設面積は20万平方メートル以上、第2期プロジェクトは2025年までに実用化されるよう努めている。面積効率は20~30%、生産効率は30%以上向上し、3,000人の新たな雇用が創出されることが見込まれている。

これまで林氏の家庭用家具の生産は主に「協力サプライヤー」の形で行われていたが、デジタルイノベーションとインテリジェント製造パークプロジェクトの立ち上げにより、家庭用家具の製造側の立場で部品モデルと量産モデルが導入されることになる。プロジェクトが完了すれば、産業チェーンの上流と下流が集中し、サプライチェーンの安定性がより強化され、分業と協力のレベルがさらに向上することが期待される。

九江市の家具産業は佛山地区の汎家具産業の重要な部分を占めており、佛山の製造業60%以上を占めてる広東省の、そして中国善太のの家具製造の中核地域となっている。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000136.000020472.html?spm=jp.home_pc.news_20190530.1

派格家具が2023年戦略サミットを開催〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

2023年3月26日、広東省中山市で「新たな章を描き、Win-Winの状況を目指す」をテーマとした派格家具2023戦略サミットが盛大に開催され、全国から600社以上の戦略的パートナーが共に新たな発展を模索し、新たな青写真を描くため集結した。

「エンジニアリング、小売、電子商取引」のを3 つの主要チャネルとして派格家具は、企業の強力なブランド力とエコロジーの力を頼りに、ビジネスモデルの最適化、サービスシステムの改善、および注力を続けている。市場の革新と開発に関する新たな品質の開発と全国の戦略的パートナーとのWin-Winの協力実現を目指す。

チャネル開発とWin-Winを強化する派格家具は、地域のディーラーを急速に成長させ「都市代理店+オペレーションセンター」のモデルでWin-Winの市場を築くための基盤を築いてきた。同社の最終目標は 顧客のニーズに応え、顧客に専門的な販売サービスと技術サポートを提供することでブランドの影響力を継続的に強化することである。

出典:http://www.zspaiger.com/articles/bhxzdl.html

中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界 業界地図はこちら!

2021年 中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター(流通・小売)業界

中国の欧派、市場価値800億元を突破〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

1994年設立で、クローゼット、バス、木製ドア、金属ドア、装甲ドア、家具、キッチン電化制品などを取り扱うトータルホームサービスサプライヤーである欧派は、市場価値800億元を突破した。

これは他の上場企業8社の市場価格合計より180億ドル多い。2019年の財務報告によると、同社の営業収益は135億を超えた。これはオーダーメード家具上場企業における業績全体の34.24%を占めている。

また、同社の欧派キャビネットは依然としてトップシェアを占めており、 2020年第3四半期には41億3千万の収入を上げた。

出典:http://nweb.oppein.com/cn/zixunzhongxin/pinpaixinwen/9089.html

皇朝ホームグループ、中国・邳州市政府と正式契約〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

1997年に設立され、専門的な研究開発、生産製造、世界的な販売とアフターサービスを一体化した香港の上場家具会社である皇朝ホームグループは、邳州市政府と正式に契約をした。

邳州市は国内家具ブランドが集結する都市であり、同社の生産基地でもあるため、全国展開戦略を目指す上でも重要な都市である。

今回の契約では、両者のリソースの共有などを通し、共同発展を目的としており、同社の業務拡大だけではなく、邳州市の家具製造業ひいては経済発展をともに推進することを目指している。

出典:https://www.hkroyal.com/news/company/id/3230.html

china-furniture

聯邦、中国のフランチャイズ加盟店120店を突破〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

2020年4月3日の発表によると、1984年に設立し、国内外に展開する民間家具企業の聯邦は、同社のフランチャイズ加盟店が120店を突破した。同社は中国の家具業界をリードする企業として知られている。

同社は2020年春に「舒雨」「知幾」という2大新製品シリーズを発表した。オンライン・オフラインで新商品の品ぞろえを披露するイベントが開催され、多くの販売店が加盟店として参画した。

今回のイベントは、コロナ禍においても発展を続ける同社の総合力とブランドパワーを示す機会となった。

出典:https://www.landbond.com/tid-15-pid-2331.html

金中国・隅天壇のスマートホーム生活館とは? 〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

1956年に創立され、金隅グループ傘下の中核会社の一つである金隅天壇は、スマートホーム生活館を開店した。

2020年、「知恵金隅、科学技術金隅、活力金隅、人文金隅」という発展スローガンを掲げ、従来の家具売り場を総合化学文化体験センターに転換させた。

金隅天壇スマートホーム生活館は、4階建ての大型施設であり、天壇歴史文化展覧会の展示、全産業チェーンブランドの宣伝、製品の発表展示、O2Oの共同展開、情報化成果の応用、体験とショッピングが同時に行えるものになっている。

出典:http://ttjj.com.cn/brand/news/information/2020/1225/967.html

中国にも展開するNITORI、2020年総合報告書を発表〜家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界動向〜

1972年設立した、日本最大のホームセンターチェーンであるNITORIは、2020年総合報告書を発表した。2020年のグループ全体の売上高は6,422億円に達し、順調に成長を続けている。2030年までに店舗数3000件、売上高3兆円を目指す。

中国国内は現在34店舗で、【日中連合】全世界業務強化プロジェクトの推進により、店舗数は昨年より減少したものの、売上は伸びている。

今後はEコマースを含むチャネル開拓により顧客との接点を増やすことに注力していく予定である。

出典:https://app.kuhuace.com/player/index.html?id=11203

まとめ:中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

中国の家具業界の発展の見通しは明るく、今後も順調に市場規模は拡大していくでしょう。今後の市場の動向に目が離せません!

中国の家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次