【市場規模は引き続き成長中】タイのバイク業界

Thailand-motorbike

2022年のタイの二輪市場は引き続き成長し、180万台の登録台数を記録し、前年から12%増加しています。2023年の市場規模は175万台になると予想され、右肩上がりの傾向が伺えます。

今回は、そんなタイのバイク業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

タイのバイク業界 業界地図はこちら!
目次

2023年 タイのバイク(製造)業界

ENTEC/NSTDA、EGAT、​ バイクタクシーとしての電動バイクの推進​

2022年5月5日、国家科学技術開発庁(NSTDA)と国家エネルギー技術センター(ENTEC)は、「バイクタクシーとしての電動バイクの推進と共同研究プロジェクトのキックオフ」に関する覚書の調印式を開催した。 ​

「開発途上および移行国における既存の都市交通モードへの電動2輪および3輪車の統合」プロジェクトは、国際連合環境計画(UNEP)によって受けられ、フィリピン、タイ、ベトナム、エチオピア、ケニア、ウガンダの6か国から2つのサブリージョンにプログラムを開発することが決定された。​

タイでは、UNEPはNSTDAのENTECと連携し、「タイにおける電動2輪および3輪車のメインストリーム化」プロジェクトに取り組んでおり、第1フェーズでは、タイでの電動モビリティ(電動2輪および3輪車)への移行を支援するための政策開発に焦点を当てる。タイ国内の電動車両政策に従った電動2輪および3輪車の普及に向けた国内ベースラインとシナリオの評価も含まれており、2050年の炭素中性目標のための国家の取り組みをサポートする。​

出典:https://www.entec.or.th/motorcycle-taxi-moa_phase-ii/​

タイホンダ、タイ二輪市場をリード​​

タイホンダは2022年に138万台の販売を達成し、市場でのトップランクを34年連続で維持した。ホンダの二輪は、ファミリー、AT、スポーツバイクを含むすべてのセグメントで第1位にランクイン。​

2022年のタイの二輪市場は引き続き成長し、180万台の登録台数を記録し、前年から12%増加した。ファミリーオートバイは依然として最大のセグメントでシェアは51.8%で、次いでATが43.5%のシェアを持ち、前年から0.5%増加、スポーツバイクは3.7%。​

2023年の市場規模は175万台になると予想され、ホンダは昨年と同じ138万台を目標としている。2023年には、タイ人の多様なライフスタイルに応えるために新しいATセグメントのバイクを発売予定。また改装するホンダウィングセンター370店舗を通じて、すべてのプラットフォームをカバーするオンラインマーケティングを活用し、My Honda Moto アプリの機能を向上させ、迅速かつ多様なサービスをサポートする能力を高める予定である。​

出典:https://www.thaihonda.co.th/honda/news/product/20230127/overall-motorcycle-market-all-year-2022

​TAILGグループ、タイ政府に電動バイクを寄付​

タイのバンコクで「電動スクーターをモーターサイクルタクシーとして利用する取り組み」の発表式が行われた。このイベントは、タイのUN(国際連合)環境計画とバンコク市政府の共同主催によって行われた。

TAILGグループは、タイ政府に対して再び電動バイクを寄付した。国際連合環境計画地域コーディネーター代表のドクター・ムシュターク・メモン氏、タイ・ノンタブリ市市長のスティ氏、そしてバンコク都市行政府の副常任書記のチャレムポン氏は、TAILGが国連環境計画の電動モビリティプロジェクトを積極的に推進していることに対して、完全な認識と高い評価を表明した。

電動車両業界のリーダーとして、TAILGグループは業界を率いて持続可能な交通のさまざまな可能性を探求し、新しいエネルギー探求の経験と成果を世界にもたらすことを目指している。将来、TAILGグループは国連環境計画との協力を続けるだけでなく、中国品質認証センター(CQC)との協力を拡大し、電動モビリティプロジェクトの協力をさらに展開し、世界中のさらに多くの国と地域で成果を上げ、努力を続けていく。

出典:https://tailg.com/china-tailg-the-world-leader-in-green-electric-mobilitycontributing-to-low-carbon-travel-in-thailand-china-tailg-is-world-renowned

​ランブレッタ タイ、愛好家のための​ EXCLUSIVE PARTYを開催​

ランブレッタ タイは、ランブレッタ愛好家の仲間たちと一緒に素晴らしい瞬間を共有するために、「I AM LAMBRETTISTA EXCLUSIVE PARTY」イベントを 2023年7月22日(土)にWarehouse Stadiumで開催した。​

このイベントでは、ランブレッタ愛好家の参加者が、個性的でクールなコミュニティを築くために集まり、さらに、有名なセレブリティのグループも多数参加し、ユニークな雰囲気の中で一緒に過ごした。​

セレブの中には、ランブレッタ愛好家で知られている「マリオ・マオレオ」も参加した。イベント内で特に注目を集めたのは、新発売される「New V200 GP 2023」。このモデルは、このイベントで初めて披露され、目を引くデザインと、GPレーシングフィールドからのクラシックな伝説を語る象徴的なデザインによって、導入以来好評を博している。

​出典:https://lambretta.co.th/lambretta-exclusive-party/​

タイ・ヤマハモーター、​ 「FAZZIO HYBRID」新発売​​

タイ・ヤマハモーターは、オートマの二輪市場のリーダーシップをさらに確固たるものとするため、新しいスタイルのモデル「NEW YAMAHA FAZZIO HYBRID」を新発売。​

「NEW YAMAHA FAZZIO HYBRID」 は、125ccのブルーコアエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたもので、優れた加速性能と排出ガス低減を両立。モーター付きのパワーアシストで、低速時にも力強く走行でき、UBSブレーキシステムは自動的にブレーキ力を均等に配分し、短いブレーキ距離を実現。​

ファッショナブルなデザインで、どんな色にも合わせられ、思いのままに装飾が可能。すべてのライフスタイルに対応するための多彩なオプションも提供。簡単な操作、軽快なボディ、125ccのブルーコアハイブリッドエンジンによる燃料効率と最大5年または5万キロまでの保証を提供する。​

出典: https://www.yamaha-motor.co.th/news/detail?url=new-yamaha-fazzio-hybrid-%E0%B8%A7%E0%B8%B1%E0%B8%A2-fazz-%E0%B8%9F%E0%B8%B2%E0%B8%94%E0%B8%97%E0%B8%B8%E0%B8%81%E0%B8%AA%E0%B9%84%E0%B8%95%E0%B8%A5%E0%B9%8C

2022年 タイのバイク(製造)業界

ENTEC/NSTDA、EGAT、バイクタクシーとしての電動バイクの推進〜バイク業界動向〜

2022年5月5日、国家科学技術開発庁(NSTDA)と国家エネルギー技術センター(ENTEC)は、「バイクタクシーとしての電動バイクの推進と共同研究プロジェクトのキックオフ」に関する覚書の調印式を開催した。

「開発途上および移行国における既存の都市交通モードへの電動2輪および3輪車の統合」プロジェクトは、国際連合環境計画(UNEP)によって受けられ、フィリピン、タイ、ベトナム、エチオピア、ケニア、ウガンダの6か国から2つのサブリージョンにプログラムを開発することが決定された。

タイでは、UNEPはNSTDAのENTECと連携し、「タイにおける電動2輪および3輪車のメインストリーム化」プロジェクトに取り組んでおり、第1フェーズでは、タイでの電動モビリティ(電動2輪および3輪車)への移行を支援するための政策開発に焦点を当てる。タイ国内の電動車両政策に従った電動2輪および3輪車の普及に向けた国内ベースラインとシナリオの評価も含まれており、2050年の炭素中性目標のための国家の取り組みをサポートする。

出典:https://www.entec.or.th/motorcycle-taxi-moa_phase-ii/

タイホンダ、タイ 二輪市場をリード〜バイク業界動向〜

2023年1月27日、タイホンダは2022年に138万台の販売を達成し、市場でのトップランクを34年連続で維持したことを発表した。ホンダの二輪は、ファミリー、AT、スポーツバイクを含むすべてのセグメントで第1位にランクインした。

2022年のタイの二輪市場は引き続き成長し、180万台の登録台数を記録し、前年から12%増加した。ファミリーオートバイは依然として最大のセグメントでシェアは51.8%で、次いでATが43.5%のシェアを持ち、前年から0.5%増加、スポーツバイクは3.7%。

2023年の市場規模は175万台になると予想され、ホンダは昨年と同じ138万台を目標としている。2023年には、タイ人の多様なライフスタイルに応えるために新しいATセグメントのバイクを発売予定。また改装するホンダウィングセンター370店舗を通じて、すべてのプラットフォームをカバーするオンラインマーケティングを活用し、My HondaMoto アプリの機能を向上させ、迅速かつ多様なサービスをサポートする能力を高める予定である。

出典:https://www.thaihonda.co.th/honda/news/product/20230127/overall-motorcycle-market-all-year-2022

Thailand-motorbike

TAILGグループ、タイ政府に電動バイクを寄付〜バイク業界動向〜

2023年6月23日、タイのバンコクで「電動スクーターをモーターサイクルタクシーとして利用する取り組み」の発表式が行われたことが発表された。このイベントは、タイのUN(国際連合)環境計画とバンコク市政府の共同主催によって行われた。

TAILGグループは、タイ政府に対して再び電動バイクを寄付した。国際連合環境計画地域コーディネーター代表のドクター・ムシュターク・メモン氏、タイ・ノンタブリ市市長のスティ氏、そしてバンコク都市行政府の副常任書記のチャレムポン氏は、TAILGが国連環境計画の電動モビリティプロジェクトを積極的に推進していることに対して、完全な認識と高い評価を表明した。

電動車両業界のリーダーとして、TAILGグループは業界を率いて持続可能な交通のさまざまな可能性を探求し、新しいエネルギー探求の経験と成果を世界にもたらすことを目指している。将来、TAILGグループは国連環境計画との協力を続けるだけでなく、中国品質認証センター(CQC)との協力を拡大し、電動モビリティプロジェクトの協力をさらに展開し、世界中のさらに多くの国と地域で成果を上げ、努力を続けていく。

出典:https://tailg.com/china-tailg-the-world-leader-in-green-electric-mobilitycontributing-to-low-carbon-travel-in-thailand-china-tailg-is-world-renowned/

ランブレッタ タイ、愛好家のための EXCLUSIVE PARTYを開催〜バイク業界動向〜

2023年7月22日、ランブレッタ タイは、ランブレッタ愛好家の仲間たちと一緒に素晴らしい瞬間を共有するために、「I AM LAMBRETTISTA EXCLUSIVEPARTY」イベントをWarehouse Stadiumで開催した。

このイベントでは、ランブレッタ愛好家の参加者が、個性的でクールなコミュニティを築くために集まり、さらに、有名なセレブリティのグループも多数参加し、ユニークな雰囲気の中で一緒に過ごした。

セレブの中には、ランブレッタ愛好家で知られている「マリオ・マオレオ」も参加した。イベント内で特に注目を集めたのは、新発売される「New V200 GP 2023」。このモデルは、このイベントで初めて披露され、目を引くデザインと、GPレーシングフィールドからのクラシックな伝説を語る象徴的なデザインによって、導入以来好評を博している。

出典:https://lambretta.co.th/lambretta-exclusive-party/

タイ・ヤマハモーター、「FAZZIO HYBRID」新発売〜バイク業界動向〜

2023年8月15日、タイ・ヤマハモーターは、オートマの二輪市場のリーダーシップをさらに確固たるものとするため、新しいスタイルのモデル「NEW YAMAHAFAZZIO HYBRID」を新発売した。

「NEW YAMAHA FAZZIO HYBRID」 は、125ccのブルーコアエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたもので、優れた加速性能と排出ガス低減を両立している。また、モーター付きのパワーアシストで、低速時にも力強く走行でき、UBSブレーキシステムは自動的にブレーキ力を均等に配分し、短いブレーキ距離を実現する。

ファッショナブルなデザインで、どんな色にも合わせられ、思いのままに装飾が可能。すべてのライフスタイルに対応するための多彩なオプションも提供。簡単な操作、軽快なボディ、125ccのブルーコアハイブリッドエンジンによる燃料効率と最大5年または5万キロまでの保証を提供する。

出典:https://www.yamaha-motor.co.th/news/detail?url=new-yamaha-fazzio-hybrid-%E0%B8%A7%E0%B8%B1%E0%B8%A2-fazz-%E0%B8%9F%E0%B8%B2%E0%B8%94%E0%B8%97%E0%B8%B8%E0%B8%81%E0%B8%AA%E0%B9%84%E0%B8%95%E0%B8%A5%E0%B9

タイのバイク業界 業界地図はこちら!

2021年 タイのバイク(製造)業界

タイのGPX、台湾ブランドSYMと提携〜バイク業界動向〜

タイのバイクメーカーであるGPXは、新世代のスクーターの開発において、台湾のバイクメーカーであるSYMとパートナーシップを結ぶと発表した。パートナーシップ期間は2年間であり、両社のデザインや専門知識を融合して開発に取り組む。

パートナーシップにより開発されたスクーターは最初にGPXによりタイで販売され、その後SYMにより台湾で販売される予定。

GPXはモトクロスバイク、オンロードバイク、スクーターを製造し、アジア各国へ輸出している企業。SYMはホンダの協力により設立された企業で、SYMが製造したバイクは世界90か国以上で販売されている。

出典:GPX

gpxthailand
GPX ประกาศจับมือแบรนด์ระดับโลก SYM ร่วมพัฒนารถรุ่นใหม่เตรียมลงสู่ตลาดปลายปีนี้ - gpxthailand GPX ประกาศจับมืออย่างเป็นทางการ กับ แบรนด์ระดับโลก SYM ในการร่วมมือกันพัฒนารถรุ่นใหม่ในโมเดลสกู๊ตเตอร์ ที่จะเปิดตัวและจัดจำหน่ายในประเทศไทยในนามของ GPX ถือเป็นส...

新会社Thai Honda Manufacturingの設立〜バイク業界動向〜

2020年4月1日、A.P. HondaとThai Honda Manufacturing、HPDの3社が合併し、新会社「Thai Honda Manufacturing」が設立された。

この合併により「タイでのバイク事業の強化」「顧客への対応強化」「市場ニーズへの対応強化」が見込まれる。また、今までグループ間にあった冗長性が排除されることで業務スピードが速まるメリットがある。

Thai Honda Manufacturingの社長には前A.P. Hondaの社長であった木村 滋利氏が就任し、生産と販売の統合に取り組んでいく。合併後の流通経路の変更はない。

thailand-motorbike

2020年のバイクのタイ国内販売台数は11.78%減少〜バイク業界動向〜

タイ工業連盟(FTI)は2020年のタイ国内でのバイクの生産台数と販売台数、2021年の推定生産台数を発表した。

2020年のバイクの生産台数は1,615,319台であり、2019年と比べて17.1%減少した。国内販売台数は1,516,096台であり、2019年と比べて11.78%減少した。

2021年に生産される推定生産台数は約186万台と予測される。2020年と比較して24万台以上の増加になり、増加率は15.15%となる。そのうち国内販売台数は156万台と予想されている。

Kawasakiサービスファクトリーがタイにオープン〜バイク業界動向〜

Kawasaki Motors Enterprise (Thailand) Co.,Ltd.の監修のもとKawasakiサービスファクトリーが新ペッブリー通りに2021年3月23日にオープンした。

サービスファクトリーは学習開発を目的として設置され、タイ全土のKawasakiのバイクを取り扱うスタッフを対象に、バイクの修理技術を教える。スタッフのスキルアップを通して顧客の満足度を高める狙いがある。

Kawasaki Motors Enterprise (Thailand) Co.,Ltd.は1976年に設立された川崎重工業の子会社であり、110cc~1,400ccまでの幅広いバイクを製造している。タイで生産されたバイクは世界各地に輸出されている。

出典:KawasakiMotorsEnterprise(Thailand)Co.,Ltd.

タイで産業用無人ヘリで農薬散布サービスの提供へ〜バイク業界動向〜

Thai Yamaha Motor Co., Ltd.とSiam Motors Groupの合弁会社であるSiam Yamaha Motor Roboticsは2020年8月よりヤマハが開発したFAZER R産業用無人ヘリコプターを使用して農薬散布サービスを提供すると発表した。

FAZER Rを利用した農薬散布サービスはサトウキビ畑やトウモロコシ畑に使用され、より効率的に栽培が行えるようになる。

農業のデジタル化と効率化はタイ政府のガイドラインである「タイランド4.0」で定めてあり、Siam Yamaha Motor Roboticsはタイで無人ヘリコプターによる農薬の空中散布について運輸省から認可を受けた最初の企業となった。

出典:YAMAHA

タイのバイク業界 業界地図はこちら!

2020年 タイのバイク(製造)業界

タイのThai Yamaha Motor、eコマース市場に参入〜バイク業界動向〜

2020年2月24日、オートバイを製造・販売する大手企業のThai Yamaha Motorは、販路拡大を目的にeコマースプラットフォームであるShopeeと提携してeコマース市場に参入したと発表した。

製品購入のライフスタイルが変化する顧客ニーズに応えるため、業務提携契約を締結して販売チャネルを拡大した。これにより、ヤマハはタイのeコマース市場に参入した最初のオートバイメーカーブランドとなった。

このパートナーシップは、Shopeeの製品ポートフォリオを強化して、eコマースアプリケーションを使用する傾向が年々高まっていることを強調する。また、2020年に65周年を迎えたヤマハは、オートバイ技術の開発を継続する。

出典:https://www.yamaha-motor.co.th/news/detail?url=ยามาฮ่าฉลองครบรอบ-65-ปี-บุกตลาดอีคอมเมิร์ซครั้งแรกของวงการรถจักรยานยนต์

Royal Enfield、タイ全土にネットワークを拡大〜バイク業界動向〜

2020年5月24日、世界最古のバイクメーカーおよび中型モペットバイクの世界的リーダーであるRoyal Enfieldは、顧客のアクセスを容易にするため、タイ全土を網羅するディストリビューターネットワークの拡大を発表した。

同社は2019年4月から2020年4月の1年間で11店舗を展開した。現在、タイ全土に専門店14店舗、サービスセンター12店舗、合計26店舗を展開している。さらに、ロードサイド・アシスタンスなどオートバイの所有コストを削減するための取り組みも開始している。

Royal Enfieldは、アジア太平洋地域で2018年から2019年に64店舗を展開し、2019年から2020年には96店舗に拡大した。今後もタイを含む様々な国で、年間を通じて継続的にネットワークの拡大に注力していく方針である。

出典:https://www.royalenfield.com/th/th/our-world/media/news/corporate/royal-enfield-expands-its-network-of-service-centers-for-customers-to-access-throughout-thailand/

Thailand-motorbike

タイで自動車業界大手のMBK Group、金融事業の収益増加

2020年5月18日、 MBK Groupは2020年第1四半期の業績を発表した。2020年第1四半期の営業収益は、前年同期比7%減の2,528百万バーツ、株主に帰属する純利益は、前年同期比62%減となる181百万バーツと大幅減少した。

前年同期比でグループの全体的な業績が低下する中、金融事業による収益は、前年同期比10%増となる56百万バーツに増加した。これは、貸付ポートフォリオの継続的な成長に伴い、オートバイ事業のレンタル購入が37百万バーツ増加したことが寄与した。

その他の事業収益は、自動車およびオートバイのオークション事業に従事するApple Auto Auction(Thailand)の株式を追加取得した結果、前年同期比7,250%増となる145百万バーツに大幅増収した。 

出典:https://investor.mbkgroup.co.th/download.html

タイのA.P. Hondaの2020年の取り組みとは?〜バイク業界動向〜

2020年1月30日、タイの二輪車販売会社であるA.P.Hondaは、2019年の二輪車販売台数が前年比2%減となる137万台に達し、31年連続で首位を記録したと発表した。これにより、A.P.Hondaはタイのオートバイ業界での地位を堅持する。

2019年のタイの二輪車販売台数は、前年比3%減となる174万台に達した。A.P.Hondaは2020年のタイの二輪車市場の市場規模が約170万台になると予測し、2020年の販売目標を前年から微減の135万台に定めた。

さらに同社は、国立キングモンクット工科大学トンブリ校と共同で電動バイクの開発に取り組んでいると発表した。製品の完成後、モバイルアプリを介して電動バイク「PCX Electric」の利用が開始される予定である。

出典:https://www.aphonda.co.th/honda2017/news/product/20200130/ฮอนด้าครองผู้นำตลาดด้วยยอดจำหน่ายสูงสุดเป็นปีที่-31

BMW Groupタイ支社、 生産ネットワークの強化を継続〜バイク業界動向〜

2019年12月18日、 BMW Group Manufacturing Thailandは「BMW R 1250 GS」オートバイをインドに輸出したと発表した。インドとのパートナーシップは自由貿易協定に基づいており、BMWネットワーク内の工場間の生産能力をさらに拡張する。

2018年9月以降、同社は「BMW Motorrad」バイクの機能強化に続き、アジアに新しいアドベンチャーバイクの輸出を開始した。さらに「BMW X5」の中国への輸出は、BMWの世界的なネットワークであるラヨーン県のタイ工場の成功を強調した。

現在、BMW Groupは世界15か国に31の生産および組立ネットワークを持っている。また、東南アジアで競争力を高めるため生産戦略を改善した。BMW Thailandは、BMWの世界的な生産ネットワークを強化し続けるとのことだ。

出典:https://www.bmw.co.th/en_TH/topics/fascination-bmw/all-news/2019/18-12-19.html

タイのバイク業界 業界地図はこちら!

2019年 タイのバイク(製造)業界

タイでバイク業界大手のGPXが日本進出?

2019年1月5日の発表によると、タイのバイクメーカーGPXは海外戦略の一つとして日本への輸出販売を開始した。これまでマレーシアやインドネシアなどの東南アジアを中心に販路を拡大してきたが、2018年10月に日本総代理店GPXジャパンを設立し、2019年より日本での輸入販売をスタートする。

GPXは現在バイクメーカーとなっているが、もともとバギーやオフロードバイクの製造を行っていた。2015年ごろからバイクのラインアップを拡充し、現在はタイ国内における販売台数がホンダ、ヤマハに次いで第3位となっている。

GPXジャパンは、日本でLEGEND150S、Gentleman200、DEMON150GRの3モデルの販売を開始する。GPXは全モデルがタイのGPXの工場で生産、研究および開発される。

タイAP Honda Co.,Ltd.がEVを発表、まずはインフラ開発から〜バイク業界動向〜

2019年6月11日の発表によると、HONDAのタイ事業を行っているAP Honda Co.,Ltd.は世界に先立って電動バイクPCX Electricの製品発表を行った。電池の充電ステーション設置などのインフラ準備のために販売には至っていない。

AP Honda Co.,Ltd.はKing Mongkut’s University(KMUTT)と共同でユーザーの行動調査を開始し、タイのユーザーにより相応しい仕様やインフラ形式、充電ステーションに関連したアプリケーション開発を行う。

KMUTT大学は、環境保全に加えエネルギー効率と持続可能性の研究に注力し、戦略的計画「KMUTT:Sustainable University for Sustainable Development Goals(SDGs)2030」も標榜しており、電動バイクの普及を目指している。

Thailand-motorbike

タイで売上好調、限定車も発売!ROYAL ENFIELD〜バイク業界動向〜

2019年8月9日、インドのバイクメーカー、ROYAL ENFIELDは限定モデル「Royal Enfield Bullet Trials Works Replica 500 」をタイ市場向けに投入すると発表した。タイ国内への割り当ては210台のみの販売となる。

Royal Enfield Bullet Trials Works Replica 500の排気量は499ccで予約のみの販売となり、売価は19万1,500バーツとなる。Royal Enfield Bulletは1932年に生産が始まったモデルで、世界で最も長く生産されている二輪モデルという。

ROYAL ENFIELDのタイにおける今年1~7月の販売台数は前年同期比25%増の1,207台となり、年内に2,500台の販売目標を持つ。2016年の進出以来売り上げ台数が大きくなり、限定車を投入する流れとなった。

タイにタイヤ工場を建設、Continental〜バイク業界動向〜

2019年7月17日の発表によると、自動車部品大手の独Continentalはタイ中部のラヨーン県にオートバイ用タイヤ工場を建設する。欧州、米国、アジア、南米で需要の拡大が続いていることから、グローバルレベルでの生産量増加を目指しタイへ工場建設を行う。

工場建設のための投資額は2600万ユーロとなり、2021年の操業を目指す。Continentalは2019年3月に自動車用タイヤ工場を同じくタイのラヨーンに建設し、さらにバイク用タイヤ工場はすぐ近くに併設される。

ラヨーン工場では新たに100以上の製品が生産される予定となり、主にアジア各地へ発送される主な製品はラジアルタイヤとなる。通常価格、低価格帯製品の生産が行われる予定。

まとめ:タイのバイク業界

タイでは、バイクの生産台数の約8割が国内で消費されており、バイクは国民の足になっています。そんな中、同国のバイク業界は今後も多くのビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

タイのバイク業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次