【路線拡大へのインフラ投資】中国の鉄道・バス業界

china-train-bus

中国国有の鉄道会社は投資の9割以上を鉄道建設に充てており、特に経済水準の低い地域への投資を積極的に行っています。

今回は、そんな中国の鉄道・バス業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!
目次

2024年 中国の鉄道・バス(運輸・物流)業界

国铁集团が2024年輸送安全業務会議を開催​

中国国鉄集団有限公司は1月10日、2024年運輸安全業務大会を開催した。会議では2023年の鉄道輸送の安全活動を総括し、直面する状況を分析し、2024年の主要任務を確認。中国共産党第20回党大会と中央経済工作会議の精神を誠実に実行するために鉄道全体で任務にあたることを強調した。​

2023年、鉄道全体は習近平総書記の生産安全に関する重要な説明と鉄道工事に関する重要な指示の精神を誠実に実施。重大な鉄道事故の危険と外部環境の安全管理に対する特別検査と是正や洪水期における旅客列車の安全リスク防止を強化などさまざまな安全目標を達成した。​

会議では、2024年の輸送安全で良い仕事をするために、鉄道全体が習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想の視点、立場、方法を遵守し、国鉄の使命と課題を包括的に把握することが求められた。新しい時代と新しい旅に向けて、鉄道の安全管理概念の根本的な改善を継続的に推進し、鉄道の本質的な安全レベルを促進するよう努めていく。​

出典: http://www.china-railway.com.cn/xwzx/ywsl/202401/t20240116_132762.html

カリフォルニア州知事が深セン市バスグループを訪問​

2023年10月24日は、カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサムの中国訪問の2日目に深センを訪問し、深センバス電化の発展について学ぶために深センバスグループの安陀山駅を訪れ、現地でBYD電気自動車の試乗を行った。​

記者から「なぜ本土への旅行の最初の目的地として深センを選んだのか?」と質問を受け、ニューサム氏は「ここ数年の深セン市のバス網はわずか数年で都市全体をカバーした。カリフォルニアでも同様のビジョンを持っているがこれほど大規模なバスネットワークは見たことがない」と答えた。​

カリフォルニア州は広東省と姉妹州である。2013年、広東省とカリフォルニア州は、経済貿易投資、技術革新、エネルギーと環境保護、文化と教育、国際観光などのさまざまな分野での協力を促進するための友好交流と協力の発展に関する覚書に署名し、共同で友好的な州と州の間の交流と協力に新たな章を刻んでいる。​

出典:https://www.szbus.com.cn/Busdynamicsdetails/12.html

安徽运が気象災害対応のマニュアルを強化​

寒波警報を受けて安徽运は3段階の緊急対応を開始した。「早期配車」の時間を利用してドライバーの安全意識を強化し、悪天候時の緊急対応の注意事項を再確認し、、主要な車両の検査を強化することを呼びかけた。​

同社は12月18日早朝、緊急出動員12人を配置し、緊急輸送部隊8台を確保、5つの支社に専任要員を配置して道路を巡回し、車両や歩行者への注意を求めた。都市部ではプラットホーム、山間部では水辺が近く、崖や橋などの危険な箇所では安全な通行を確保するよう呼びかけた、​

12月18日には、降雪の影響が大きかった安徽省北部、河南省、山東省などの11路線が運休した。高速道路の交通状況にタイムリーに確認し、停車中のシャトルバスのチケットキャンセルや変更についての案内や通知を放送した。同駅では、駅周辺、駅前広場、ひさしの除雪を実施し、滑り止めマットの敷設や乗降口の滑り止め看板の設置などを行っている。駅周辺の検査を強化し、旅客車両の保安検査を厳格に実施し、従業員の安全を強化した。​

出典:http://www.whyuntai.com/cn/jtxw/5260.html

北京公共交通グループが​医療専用ラインを試験的に導入​

北京公共交通グループは、2024年1月2日から、広安門、東直門、垂陽流、海淀を含む7つの病院にサービスを提供する6つの医療専用ラインを試験的に導入する。医療のための移動は難しい問題であるが、同時にそれ以外の日常生活の移動のサービスも提供し、地下鉄への地域アクセスの利便性を強化し、国民により配慮したサービスを提供する。​

特別線は定点発車方式を採用し、従来のバス乗車券運賃を導入。既存のバス停留所に停車し、路線停止標識を設置する。現在、北京公共交通グループの定期バス路線の80%が病院を経由していると報告されており、次のステップでは、定期バス路線をさらに最適化し、病院、スーパーマーケット、博物館、景勝地と観光地を結ぶ路線のカバー率を高める予定である。​

統一特別線には、乗客が路線を識別しやすいように、バスの前に「統一特別線」と書かれた看板を設置。地域社会や病院との連携を強化し、洗練されたサービス能力を継続的に向上させていく。​

出典:https://www.bjbus.com/home/fun_news_detail.php?uNewsCode=00009503&uNewsType=1

北京地下鉄17号線の3区間で試験運用が開始​

2023年12月30日(土)の始発から、地下鉄17号線北部区間(労働者体育場~未来科学都市北)、16号線残り区間(玉樹荘~万平城)~蘇州街駅、 11 号線の西側区間 残りの区間(晋安橋モード港)は試験運用を開始した。開通後の北京の都市鉄道交通は総営業距離836キロメートル、83の乗換駅を含む490の駅を擁する。​

17 号線の北部区間は長さ 24.9 キロメートルで、駅は合計 10 駅あり、北から南に未来科学都市北、未来科学都市、天通園東、清河営、赤軍キャンプ、望京西、太洋宮、西巴河となっている。望京西駅が暫定的に開業する左家庄工人体育場駅は、昌平と朝陽の2つの行政区を結び、開業後は北七家、天通源、北園などの主要な住宅地だけでなく、将来の科学都市、望京、三里屯などのオフィスエリアの開発も支援し推進する。​

駅設備に関しては、北京香港地下鉄はMTRの経験を活かして最適化を図っており、17号線北区間の太陽宮駅では一部のエレベーターが両開きのエレベーター設計を採用。車椅子でもご利用しやすいよう配慮している。​

出典: https://www.bjsubway.com/news/qyxw/yyzd/2023-12-29/129603.html

中国の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!

2021年 中国の鉄道・バス(運輸・物流)業界

中国の北京公交、運行本数を増加し旅客輸送量向上〜鉄道・バス業界動向〜

運行路線は1266本以上、年間旅客数は30億人以上であり、北京の交通機関としての主力企業​である北京公交​は、地上バスの走行保障力を大幅に向上させた。

具体的には南中心軸沿線バス路線の統合最適化作業を実施し、運行本数を増やすなどの措置を講じて、中堅路線の旅客輸送量を増やした。これは、BRT1線周辺のコミュニティ住民の移動ニーズに応えるための路線を作ることなどの方針に沿って実施された。

同社はBRT1サービスの向上のため、今後も路線の最適化を行っていく予定である。

出典:http://www.bjbus.com/home/fun_news_detail.php?uNewsCode=00007413&uNewsType=2

中国のサービス国家戦略で質の高い発展を実現〜鉄道・バス業界動向〜

中国政府が所有する鉄道会社で、国内外で高速鉄道と都市交通システムの開発を推進している中国国家铁路集团は、サービス国家戦略で質の高い発展を実現している。

同社の管理する大型鉄道運送企業の一つである中国铁路太原局集团有限公司は、2018年から2020年までの3年間で、貨物輸送量は26%、石炭輸送量は26.8%増加し、1日の積車数は2万2500台から3万3000台に増加した。

輸送構造の調整により経済発展の質を高め、物流コストを下げ、環境汚染防止に努めている。

出典:http://www.china-railway.com.cn/xwzx/ywsl/202106/t20210621_115507.html

china-train-bus

中国のスマートオペレーションシステムで発展が加速〜鉄道・バス業界動向〜

アモイ市公共交通総公司、アモイ特運集団有限公司、アモイ運輸発展総公司の3公企業が統合して設立されたアモイ公交通集団は、スマート運営により発展が加速している。

過去15年間で、同社は路線ネットワークの網羅性を改善し、世界クラスのビジネス環境の構築に貢献してきた。また、デジタル変革を新たな原動力とし、インテリジェントな運営センターを構築している。

現在は、ビッグデータプラットフォームとIoTの統合を実現させることで、スマートオペレーションシステムを確立している。例えば、これまで手動で管理されていたバス路線のスケジューリングも現在では自動で組めるようになっている。

出典:https://www.xmbus.com/article/530/10.html

中国の寧波遠亜車両検査ステーションが試運転を開始〜鉄道・バス業界動向〜

2021年3月4日の発表によると、全国一流の旅客輸送業務資格および二級貨物業務資格企業である宁波公运​​は、寧波遠亜車両検査ステーションの試運転を開始した。

これは安全性能検査、環境保護性能検査、総合性能検査の3検査を統合した自働車検査機構として、主に北侖地区のコンテナトラックの検査をすることを目的としている。

検査ステーションの運営開始後は、2万台以上のコンテナの検査だけではなく北侖地区における鄞州などの大型・小型バスの他、さまざまな車両の検査も行う。

出典:http://www.nbgy.com/cn/jtxw/2334.html

中国の深圳巴士、高品質な発展を推進〜鉄道・バス業界動向〜

2018年4月までのグループ総資産は94万元で、2.7万人の従業員を有する深圳巴士​は、高品質な発展を推進している。

同社は「百年の党史の中で知恵と力を吸収し、それをもってバスグループの高品質な発展を推進する」というテーマのもと、党史を紐解くことの必要性を説き、同グループの質の高い発展を促進するための団結を誓った。

グループの多元的発展を強化し、今後も国有企業の改革を一層深化させていくことに尽力していくとした。

出典:https://mp.weixin.qq.com/s/SwchA51bB68oul6mzf1Cqg

中国の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!

2020年 中国の鉄道・バス(運輸・物流)業界

中国7駅で電子乗車券の試行を開始〜鉄道・バス業界動向〜

更なる旅客輸送サービスの質の向上のため、2019年12月10日から、京津城間鉄道沿線の北京南、天津西、武清、塘沽、浜海、軍糧城北の7つの駅で、電子乗車券業務の試験的な実施がスタートした。

これは京沪高速鉄道の北京南から徳州東段、京雄城間鉄道の北京西から大興空港までの間で電子乗車券の試行業務を行った後の、中国鉄道北京局集団有限公司が選んだ3番目のパイロット路線である。

12306というチケット購入サイト(携帯電話機を含む)を通じてチケットを購入した乗客は、自分で切符を印刷したりダウンロードしたりすることも可能になった。キャンセルや乗車の手続き方法も変更になり、多くの注目を集めている。

出典:http://www.china-railway.com.cn/xwzx/zhxw/201912/t20191213_97960.html

中国国家鉄道グループ発表!2019年の鉄道固定資産投資〜鉄道・バス業界動向〜

中国国家鉄道グループが2019年1月2日に発表したデータによると、中国の鉄道に対する固定資産投資は、2019年に合計8029億元となった。

8029億元(約1153億米ドル)の投資のうち、7511億元(約1079億米ドル)が鉄道建設に使用され、5474キロメートルの高速鉄道を含む8489キロメートルの鉄道が新たに建設された。2019年末までに、全国運行鉄道が13万9千キロメートルを超え、その内3万5千キロメートルが高速鉄道となっている。

2019年には川蔵鉄道(四川~チベット)に関する主要プロジェクトが完成。経済水準が低い地域への直接インフラ投資は約4,175億8000万元で、全体の75.9%を占めている。

出典:http://www.china-railway.com.cn/xwzx/ywsl/202001/t20200102_98442.html

china-train-bus

中国と香港を結ぶ高速鉄道網が大幅拡大〜鉄道・バス業界動向〜

中国鉄路総公司は2019年6月11日に、同年7月10日以降の列車運行予定を発表した。高速鉄道について、西九龍駅(香港)と重慶西駅(重慶市)、天津西駅(天津市)、南寧東駅(広西チワン族自治区南寧市)、肇慶東駅(広東省肇慶市)、汕頭駅(汕頭市)を結ぶ路線を新たに開通する。

広東省内の各駅をみると、肇慶東駅は始発駅・停車駅として1日2往復4便が運行、仏山西駅を経由する便で片道約1時間30分、汕頭駅は始発駅として潮汕駅、陸豊駅、恵州駅を経由し片道約3時間8分、仏山西駅は南寧東駅発着路線の停車駅として片道約1時間22分で香港と結ばれる。なお、経由駅は往路か復路か、また時間帯によって異なる。

一方、高速鉄道の連結前から香港と中国内を結んでいた、在来線を利用した「直通車」は減便される。高速鉄道の香港域内区間の開通以来、直通車の利用者数は減少が顕著で、1~4月は前年同期比37.2%減の85万7,465人となった。

出典:http://www.china-railway.com.cn/xwzx/mtjj/rmrbhwb/rmrbhwb/201907/t20190717_94846.htmlhttp://www.china-railway.com.cn/xwzx/mtjj/jjrb/201907/t20190717_94871.html

バス都市化を目指す、中国・済南市〜鉄道・バス業界動向〜

2012年10月に国家公共交通都市建設模範プロジェクトの第1陣として15の都市を創建して以来、済南市の公共交通都市の創建作業は高品質発展の軌道に乗った。

市交通運輸局は市委員会、市政府の仕事要求に従い、バスの発展戦略チャンスをつかみ、公共交通供給側の構造改革を推進し、バス路線網の計画を迅速に進めた。また、公共交通サービス分野を持続的に開拓し、クリーンエネルギーバス車両の使用を進めた。

済南市の交通利用状況の特徴は明らかで、ピーク時の通勤ラッシュの圧力が比較的大きい。31の通勤線を開通し、平日の朝と夜のラッシュ時に運行することでピーク時の長距離の交通需要を満たした。

出典:http://www.bus-info.cn/index.php?c=article&id=3288

中国・広州にて電気自動車の充電施設を構築〜鉄道・バス業界動向〜

2019年5月27日、広州公共交通グループは、合計138台の電気自動車充電ステーション、4,106本の充電パイルを建設し、431,000キロワットの総電力を稼働させたと発表した。

広州公共交通グループは、独資建設、電力供給局との合弁建設、及び第三者の充電サービスプロバイダーによる調達などの方法で、国有・民営企業の土地、資金、資源を統合し、効率性の向上とコスト削減を実現したと述べていた。

このプロジェクトにより、バスの電気化を保証できるようになる。現在、車両に対する充電パイルの比率は約1:2であり、8,091の純電気バスの充電需要を確保している。さらに、タクシー、衛生、郵便サービス、物流などの業界へ、電気自動車の商用化を実現するための充電施設及び運営経験を提供している。

出典:https://www.gzbus.com/xwdt/info.aspx?itemid=167

まとめ:中国の鉄道・バス業界

電子チケットの販売や各都市への高速鉄道の開通など、国民にとって鉄道はより身近で便利なものになりつつまります。また一般自動車やバイクの規制が強まる中、公共交通機関であるバスの需要も今後増えるでしょう。

中国の鉄道・バス業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次