【中国のペット産業】最新のペットテック企業と巨大なペット市場を解説

中国では、ミレニアル世代の社会進出やDINKS(共働き・子供なし)の増加、都市化の進展に伴い、ペットの飼育頭数が大きく増加しており、ペットのマッチングアプリなどのペットテック企業も台頭してきています。

今回はそんな中国のペット産業について詳しく解説します。

読了時間の目安:5分

[toc]

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと
目次

中国のペット業界

中国のペット業界の市場規模

中国のペット産業は過去20年間で急速に成長してきた。消費者調査会社のアイリサーチが作成した「2021年中国ペット消費動向白書」によると、中国のペット産業は2020年に2988億元(444億米ドル)、2021年には3488億元(515億米ドル)に達すると予測され、前年比成長率は16.7%であった。また、白書では、2023年には4,456億人民元(661億米ドル)に達すると予測している。これは、2013年と比較すると8倍の増加となる。

2013年以降、ペットの飼育数が3倍増加した一方で、ペット経済全体は驚異的な成長を遂げている。この産業には、人間の消費に見られるのと同じサブカテゴリーが多く含まれ、フード、医療サービス、医療品、グルーミングと美容、おもちゃ、一般用品、トレーニングと教育、デイケアなどがある。より退廃的な選択肢の中には、犬のデートアプリやマッサージトリートメントなど、欧米ではつい最近登場したものも含まれている。

中国のペットの飼育数の推移

ペット飼育の流れは2000年代に入ってから本格的に始まった。結婚観や子供観が若い世代を中心に緩やかになり、ペットとしての動物飼育に対する文化的な意識が変化し始めたのである。特に犬猫を中心とした国内初のペットブランドや動物病院が誕生したのもこの時期。2010年以降は、ミレニアル世代の社会進出やDINKS(共働き・子供なし)の増加、都市化の進展に伴い、ペットの飼育頭数はさらに大きく増加するようになった。爬虫類、げっ歯類、水生動物など、よりニッチでエキゾチックな動物への関心が高まり、中国国内のeコマース産業の隆盛とともに、JD.comやアリババのタオバオなどのプラットフォーム企業がペット商品を提供し、ペット小売りもオンライン化されはじめたのである。

ペット飼育の増加は、圧倒的に若くて教育熱心な消費者によってもたらされている。消費白書によると、全人口の23.61%が高等教育を受けているにもかかわらず、ペット飼育者の約90%が大卒であることが判明している。また、ペットオーナーの46.3%は1990年以降に生まれ、22.9%は1995年以降に生まれている。46.7%が4,000元(593米ドル)から9,999元(1483米ドル)、34.9%が1万元(1,483米ドル)以上と、ペットの飼い主も高所得者である。さらに、ペットの所有者である期間は比較的短い。2021年のペット所有者の52%は3年未満、19%は1年未満でペットを飼っていた。また、中国の一人当たりの平均ペット数は、全体的に増加しているにもかかわらず、2020年からほぼ横ばいで推移している。これらの統計は、市場の成長が、既存の飼い主がペットを増やすというよりも、新しい飼い主によって大きく左右されていることを示しており、ペット所有者の年齢層が若いことと相まって、若い世代における市場成長の大きな可能性がある。

ペットの種類の中で、中国のペットの大半を占めるのは、猫と犬。2020年には、犬がペット人口の51%、猫が46%を占め、魚類、爬虫類、げっ歯類、鳥類がそれに続く。中国のペット所有者の大半は1985年以降と1995年以降に生まれた若者で、合わせて40%以上を占めている。これらのグループの優位性は、主にその経済力から生じる。この年齢層は一人暮らしの人の割合が最も多いため、ペットを飼う余裕がある。

中国で人気のペット

2021年、ペットとして飼われている猫の数が、初めて犬を抜いた。市場調査会社インテリジェンス・リサーチ・グループによると、年末時点の中国の猫の飼育数は5800万匹、犬の飼育数は5400万匹だった。また、猫の人気は犬を上回る勢いで伸びており、2021年には前年比19.4%増と、犬の伸び率がわずか4%であるのに対し、猫の人気は高まっている。

犬全体の数は猫よりも少ないにもかかわらず、犬の飼い主は猫の飼い主と比較して、ペットに多くのお金をかける傾向があった。中国畜産協会ペット産業支部の指導の下、ペットビッグデータプラットフォームPethadoopが作成した「2021年中国ペット産業白書(消費レポート)」のデータ(iResearch白書と混同しないように)には、犬1頭あたりの年間平均消費額が2,634元(390.62米ドル)であるのに対し、猫の場合は1,826元(270.79米ドル)であることが示されている。

また、犬市場全体の成長率は猫市場を僅差で上回り、2021年には前年比21.2%増の143億人民元(21億米ドル)になった。猫市場は2021年に100億人民元(15億米ドル)、前年比19.9%増となった。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

各ペット用品の市場規模と主要企業

中国のペットフード市場と主要企業

中国の全国的なペット市場の成長に伴い、ペットフード、ペット医療必需品、ペットサービスなど、ペット消費産業全体が拡大した。その中でも、ペットフード市場は最大のセグメント消費市場であり、2020年には消費量の約37%を占めている。ペットの日常的なニーズを満たす製品は市場の約20%を占め、ヘルスケア用品は14%に達した。ペット医療サービスは9%、グルーミングや入浴、しつけ、里親募集などのペットサービスは20%の割合を占めた。ペットフード市場は、需要の割合が最も高い市場である。中国のペットフード販売は海外ブランドが中心だが、国内ブランドの競争は激しい。JDビッグデータとIResearchコンサルティングによると、2020年、中国のペットフード会社「京東ペット」の市場シェアは57.8%で、そのうち海外ブランドのシェアは42.9%だった。売上高の1位と2位はそれぞれロイヤルカナン、オリジェンだった。

中国のペットフードブランド上位10社のうち、国内ブランドのMcfadi、Bernard Tianchun、Bridgeがそれぞれ6.1%、5.3%、3.5%で売上高の大部分を占めている。しかし、そのシェアは相対的に小さく、中国国内には他の多くの国内ブランドとの競合が存在する。

中国のペットフード市場は比較的飽和状態にあり、多くの大手多国籍企業が市場を支配している。Royal Canin、Pedigree、Mars Incorporated、Nestle Purina Petfoodなど、複数の外資系多国籍企業がペットフード市場で活動している。2021年、ネスレは中国でのペットフード加工能力を拡大する計画を発表した。これらの多国籍企業の多くは比較的早い段階で市場に参入したため、すでに中国の消費者から強いブランド認知を得ている。

中国のペットグルーミング市場と主要企業

ペットオーナーはペットサービスに対するニーズを磨き続けており、事業者はペットサービスの内容や形態に革新を続けている。ペットグルーミングサービスは、ペット業界の中でも比較的大きなサービス業として、新しい潮流となっている。ペットグルーマーが誕生し、ペットサービス業界の日の丸を背負う職業となった。2010年から、ペットグルーマーは正式に中国人力資源と社会保障部の新職業の一つに挙げられている。

ペットグルーミングとは、美容製品、トリミング技術、染色などを用いて、ペットの体の欠点を隠し、美しさを加え、ペットとその飼い主を心身ともに幸せにする効果を得ることである。ペット産業の発展に伴い、飼い主のペットサービスに対する需要が以前より高くなったため、グルーミング産業は急速に発展している。

現在、中国のペットグルーミング市場は、クリーニングなどの基本的なニーズが主流である。例えば、シャンプーの需要は中国のペットグルーミング市場全体の約95パーセントを占めている。今後、ペットグルーミング市場にはまだまだ改善の余地がある。ペット関連企業は、バーム、シャンプー、スプレーなどの製品を提供することで、新規市場への参入や新たな顧客層へのアプローチを行う機会があると考えられる。

中国のオンライン獣医相談市場と主要企業

JD Healthのオンライン獣医相談サービスは、2020年の618ショッピング祭りの期間中、相談総件数が前月比で60%以上増加した。JDのアプリで「獣医に聞く」ボタンをクリックすると、ユーザーはペットのケアに関するあらゆる質問について、専門家の指導を簡単に受けることができる。

JDのユーザーは、ペットの健康用品を注文する前に、JD Healthオンラインを通じて医師に質問することが便利で信頼できると考えている。ペットの健康問題をタイムリーかつ適切な方法で治療・予防することができるからだ。

JDヘルス社のオンライン動物病院は、現在までに5,000人以上の認定獣医師と連携し、24時間365日体制で相談に対応している。今年4月には、中国で初めてISO9001品質管理システム規格に合格したインターネットペット病院となった。

獣医サービスは、ペットフードに次いで2番目に大きな市場分野である。消費白書によると、この分野の普及率は75.8%に達し、普及率では4番目に高いセグメントとなっている。また、ペット病院の数もここ数年で大きく伸びている。中国の大手ペット病院会社であるRuipeng Pet Hospitalは、現在全国に800以上の拠点を構えている。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

中国の主要ペットテック企業

ペパル・ペット・ヌートリション・テクノロジー

ペパル・ペット・ヌートリション・テクノロジー(佩蔕動物栄養科技股分有限公司)は、ペットフードの研究、開発、製造、販売を行う中国会社である。同社製品には、動物の皮や植物由来のペット用噛み物、栄養スナック、健康製品などが含まれる。

国内市場については、オンライン及びオフラインのチャネルを通じて自社ブランドを販売する。ブランドにはChewnergy、Meaty Way、Health Guard、SmartBalance、SmartBones、Tastyboneなどがある。国際市場向けには、オリジナルデザインメーカー(ODM)モデルを使用してペットフードを製造・販売する。製品は、北米、ヨーロッパ、東南アジアに販売されている。

ペットパルはすでに世界中の多くのブランドペット製品ベンダー、小売業者、スーパーマーケットチェーンと長期的な協力関係を確立している。また、長年の研究の結果、CPet、Meatyway、Peidi、Health Guardなど、多くの自社ブランドを立ち上げ、ペットオーナーの間で高い評価を受けている。2013年、国家工商行政管理総局は、ペットパルのCPetブランドを「中国有名ブランド」として認定した。さらに、2010年には「中国品質信用企業」に認定され、犬用チューの製造に関する国家標準の設定にも任命された。

PETKIT

PETKITは、ペットのためのあらゆるハイエンドなスマートプロダクトを生み出すことに専念しているハイテク企業。2013年に中国・上海で設立され、ペット業界をリードするテクノロジー企業として急速に発展している。モバイルインターネット、センサー技術、クラウドコンピューティング、ビッグデータの大きな発展を受け、革新的な製品を作ることが容易になった。同社は2022年にシリーズDの資金調達段階に達した。

PETKIT P フィットネスと分析装置 PETKIT P2は、ペット用のフィットネスと活動モニターで、ペットの首輪に装着し、活動量を記録する小型デバイスである。クラウドコンピューティング技術により、活動データは分析され、カロリー消費情報、健康指数、気分指数に変換される。これにより、飼い主はペットの心身の状態を把握することができ、ペットと飼い主のより良い関係づくりに貢献することができる。遠隔監視・対話装置 PETKIT Mateは、ペットの遠隔監視と対話のために設計された製品である。他の遠隔監視機器と同様に、 PETKIT Mateはペットと遠隔でコミュニケーションをとることができる。

PETKIT Mateは、優れたビデオと音声パフォーマンスを実現する2つの革新的な機能を持ち、ユーザーがペットと対話することを可能にする。Mateは安全レーザーポインターを統合しており、ペットの注意を確実に引きつけることができる。レーザーポインターで遊びながら、ペットの顔を見たり、話しかけたりすることができる。また、ペットの運動不足解消をサポートする。

さらにPETKIT Mateには、PETKITが開発した他のデバイスを制御する機能がある。例えば、PETKITのアプリでおもちゃやペットの給餌器を遠隔操作することができる。つまり、市場にある何千ものおもちゃが、PETKITの技術を使ってスマートトイに生まれ変わる可能性がある。現在、PETKIT P2は、 PETKIT Mateを介して遠隔操作することができる。PETKITは、メーカーとの協力を通じて、「スマート製品」の幅を広げることを目指している。

Dogness (International) Corporation

Dogness (International) Corporationは中国を拠点とする持株会社である。ペット知能化技術の世界トップブランド運営会社で、「ペット知能化生態系」の創始者である。現在、同社は主にペット用スマート製品とペット用トラクションの2つの主要部門を有しており、ペットオーナーをつなぐペットネットワークプラットフォームを構築している。

製品には、リーシュ、アクセサリー、カラー、ハーネス、インテリジェントスマートペット製品などがある。スマート製品は、単一のプラットフォームであるDognessモバイルアプリを介して、ペットの飼い主がリモートで各方法でペットを見て、聞き、話し、餌を与え、遊んで対話することを可能にする。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

中国のペット産業のトレンド

エリア別の消費傾向

中国北部では、顧客は商品のコストを重視しており、落ち着いた店での買い物に慣れている。商品も中低級者向けが多い。チェーン店の規模は大きいが、ペットブティックはほとんどない。

華北のペット市場のバイヤーは、ほとんどが30歳前後の中間層人々で、月給は5000元が普通である。北京には2つのペット市場、約20のブティック、30以上のオフィス、そして約400の小売店がある。最も大きなチェーン店は、クディ、レチョン、パーシティ、トム・ドッグ、パイドゥオージである。

中国南部では、買い物客はブランド志向が強く、さらに新しいものを試そうとする傾向がある。上海は、ディスカウント市場は小さいが、セレクトショップが多くある。また、上海の買い物客はウェブで商品を購入する傾向がある。

ペット用品のオンラインでの取引量の増加

他の多くの小売・サービス業と同様、COVID-19の大流行により、ペット用品やサービスのオンライン消費へのシフトが加速した。消費白書によると、ペットの飼い主は、食品を購入する主な場所としてオンラインプラットフォームを報告し、74.5%がペットフードを、64.2%が栄養剤を、80.4%がその他のペット用品をオンラインで購入している。

ペット用品は、2022年6月18日の618商店祭で消費がかなり伸びた商品カテゴリーの1つで、EC企業JD.comのペット専用プラットフォーム「Jingdong Pets」の取引量は、祭りの最初の4時間で2021年の合計取引量を上回ったとされる。動物そのものの購入は、オンラインによる取引も増加しているものの、依然としてオフラインでの取引が主流となっている。iResearchのホワイトペーパーによると、大多数の人が猫や犬をオフラインの店舗か、友人、家族、知人から取得した。パンデミックがオフラインの消費に影響を与えているにもかかわらず、2020年にオンラインで猫を取得した人はわずか19%、オンラインで犬を取得した人わずかは13%を占めている。

ペットインフルエンサーの台頭

Douyinで最も人気のあるペットインフルエンサーはErdouという名の猫で(約4000万人のフォロワー)、2000万人のゴールデンレトリバーがその後に続いている。多くのペットインフルエンサーは大規模なeコマースストアを持っており、商品紹介やクリエイティブなプロモーションも提供している。2020 Kuaishou Pet Ecology Reportによると、ペットのライブストリーミングは1ヶ月で16,000時間以上に達している。100万人以上の中国の消費者が毎日これらのセッションを視聴している。

Douyinのようなプラットフォームは、楽しい物語や日常のペットインフルエンサーの洞察を優先する一方で、Bilibiliのような他の中国のソーシャルメディアは、デザイン主導の心温まるビデオに焦点を当てている。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

]]>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次