【中国のロボット市場】製造業やレストランで大活躍のロボット製品の実態を解説

製造業で人間の代わりに活躍する産業用ロボットにとどまらず、飲食店での配膳や調理を行うサービス用ロボットも続々登場している中国。今回はそんな中国のロボット市場について、産業用ロボットとサービス用ロボットの2つの側面で解説します。

読了時間の目安:5分

[toc]

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと
目次

中国のロボット市場の概要

中国のロボット市場

2021年、中国の商用サービスロボット市場は 8,400 万ドル (約5億 4,000万人民元) に達し、前年比 110.4% の成長率を示した。主要メーカーとしてKeenon Robot、Pudu Tech、CSJ Bot、Orion Star などが市場をリードしている。

2022年1月、北京の産業情報技術省 (MIIT) は、中国のロボット産業の新しい5 カ年計画を発表した。この計画では、イノベーションの促進に重点を置いており、中国をロボット技術と産業の世界的リーダーにするとしている。

現在中国では、主に外国のロボットメーカーによって自動化が進められており、約73%の市場シェアを海外メーカーが占めている。2020年には、主に日本、韓国、ヨーロッパから輸入された海外からのロボットが約24%増加し、123,030 台になった。中国のロボットメーカーは主に国内市場に出荷しており、2020年には 45,347台が出荷され、約27%の市場シェアを占めている。

国際ロボット連盟 (IFR)のロボット密度統計は、従業員 10,000 人あたりの産業用ロボットの数を示している。製造業における中国のロボット密度は現在、世界で9位 (246台) であり、5年前の25位 (49台)から急成長している。

中国の産業用ロボット市場

産業用ロボットは、主に工場での搬送・加工・組立・洗浄など、人間に代わって様々な作業の自動化を行うロボットのことを指す。

中国では、人件費の上昇と人口動態の変化により、テクノロジーの急速な採用が促進されているため、産業用ロボットの利用率が高まっている。中国の第14次5カ年計画では、緊急性を認識して、従業員10,000人あたりの産業用ロボットの数を示すロボット密度を、2020年の246人に対し、500人にすることを目標としている。

IFR (International Federation of Robotics) によると、中国での産業用ロボットの設置は、2018年から2019年にかけて2年連続で減少した後、 COVID-19流行の年である2020年に、前年比で20%増加した。過去10年間 (2011年から 2020年) にわたって、産業用ロボットの出荷は中国で27%の成長率である。

また中国は 2020年に世界の産業用ロボットの設置の約44%を占め、2019年の 38%、2018年の36%を上回っている。

中国のサービス用ロボット市場

産業用ロボットは、主に工場での搬送・加工・組立・洗浄など、人間に代わって様々な作業の自動化を行うロボットのことを指す。

中国では、人件費の上昇と人口動態の変化により、テクノロジーの急速な採用が促進されているため、産業用ロボットの利用率が高まっている。中国の第14次5カ年計画では、緊急性を認識して、従業員10,000人あたりの産業用ロボットの数を示すロボット密度を、2020年の246人に対し、500人にすることを目標としている。

IFR (International Federation of Robotics) によると、中国での産業用ロボットの設置は、2018年から2019年にかけて2年連続で減少した後、 COVID-19流行の年である2020年に、前年比で20%増加した。過去10年間 (2011年から 2020年) にわたって、産業用ロボットの出荷は中国で27%の成長率である。

また中国は 2020年に世界の産業用ロボットの設置の約44%を占め、2019年の 38%、2018年の36%を上回っている。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

中国の主要ロボットメーカー5選

QJAR

QJAR社は、2013年に設立されたロボット工学のハイテク企業。主に6軸ロボット、4軸ロボット、スカラロボット、デルタロボット、防爆ロボット、特殊用途ロボットなど、可搬質量3kgから800kgまでの産業用ロボットを製造している。

同社は上海、杭州、ハルビンに支店を設立し、産業用ロボット制御、システムソフトウェア、ギアボックス、マシンビジョンなどの基本技術を備えている。

ロボットは主に溶接、切断、塗装、研磨、選別、組み立て、積み降ろし、パレタイジング(箱詰めされた商品を決められた配置でパレット上に積み上げる作業のこと)およびその他のプロセスで使用されている。

業界としては、自動車部品、ハードウェア、食品および飲料、金属加工およびその他産業の多くの分野で使用されている。

SIASUN

SIASUNは 2000 年に設立され、中国科学院と提携している。ロボティクスを核とするハイテク上場企業である。国家ロボット産業化基地として、4,000人を超える研究開発および革新チームを擁し、同時に、中国科学院瀋陽自動化研究所の強力な技術力を頼りに、市場志向の技術革新を進めている。

SIASUNは、中国のロボット産業のリーディングプレーヤーとして、100以上の業界初の製品を生み出してきた。独立した知的財産権を持つ産業用ロボット、協働ロボット、移動ロボット、特殊ロボット、サービスロボットの5つのシリーズで100以上の製品の開発に成功している。

本社は瀋陽、国際本部は上海、工業団地は瀋陽、上海、青島、天津、無錫にある。海外では韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、ドイツ、香港などに持株子会社と海外地域センターを設立している。

ESTUN

ESTUN は 1993 年に設立され、2015 年に深圳証券取引所に上場した。同社は産業用ロボット製品をフルレンジで取り揃えており、産業用ロボットの標準仕様は 6kgから450kg まである。適用分野は、スポット溶接、アーク溶接、ハンドリング、機械のローディング(工作物を各装置に取付ける,あるいは載せること)、アンローディングなど。

主要業界として、新エネルギー、溶接、金属加工、3Cエレクトロニクス、建設機械、航空宇宙、その他の産業でより大きな市場シェアを獲得している。2020年には、Forbes誌によって「2020年に Forbes Chinaの最も革新的な企業リストに掲載された唯一の産業用ロボット企業」に選ばれた。

KEENON

KEENON Robotics Co., Ltd. は、2010年に設立された、世界各国の企業に無人配送ソリューションを提供している人工知能企業である。本社は上海にあり、全国に70以上のマーケティングオペレーションセンターを設置している。

サービスロボットを中心に製造しており、ケータリング、医療、ホテル、会場、事業所、共同年金、空港など、さまざまな分野の顧客がいる。

KEENONのロボットは、中国全土の34の省、地方自治体、自治区の500以上の都市でサービスを提供しており、米国、ドイツ、カナダ、イタリア、韓国、シンガポール、日本、イギリス、スペイン、フランス、オーストラリア、ブラジルなど、60以上の国と地域に進出している。

PUDU

Pudu Roboticsは2016年に設立された、深圳に本社を置くサービスロボットの製造、研究開発企業。ロボットを使用して人間の生産と生活の効率を向上させることを使命とし、商用サービスロボットの設計、研究開発、製造、販売を行う、世界をリードする技術重視の企業である。

創業以来、Pudu Robotics は研究開発に多額の投資を行ってきた。同社は近年急速に成長し、世界60か国以上をカバーするグローバル市場のリーダー的存在となっている。

2021年、サービスロボット市場は資本投資家から大きな注目を集め、ケータリングロボットに関して同社は1億元以上を調達した。

ロボットは、レストラン、コーヒー ショップ、病院、学校、オフィスビル、ショッピングモール、ホテル、工場などで広く使用されている。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

中国の産業用ロボットの具体例と活用事例

プラズマ切断ロボット

EVS社の産業用ロボット、6軸ロボットアームを持つプラズマ切断ロボットは、金属部品などの切断工程を担っている。

プラズマ切断ヘッドを装備した 6 軸ロボットアームは、ヘッド入力が非常に小さく、熱変形が非常に小さいため、刃先が滑らかであり、切断効率を向上させることができる。

人間が行うには危険が伴い、かつ正確性、緻密性の求められる作業については、産業用ロボットの活用が進められている。

製造における産業ロボットの利点には、次のようなものがある。
 ①運用コストの削減
 ②人間の労働力よりも速い生産量
 ③タスク実行時のエラーが少ない

産業用ロボットアームは、軸とも呼ばれる自由度に基づいて分類されている。たとえば6軸のロボットアームは、 4軸のロボットアームより自由度が高くなる。より多くの方向に移動できるため、より複雑な操作を実行できることを意味する。

スカラロボット

スカラロボット:スカラとは Selective Compliance Assembly Robot Arm の略で、ドーナツ型の作業領域を持つ産業用ロボットである。スカラロボットは横移動に特化しているため、主に組立ロボットとして使用される。円筒型ロボットや直交型ロボットと比較して、スカラロボットははるかに高速で、統合が容易である。

長所:高速で反復的なポイントツーポイント移動に最適で、非常に正確であり、自動車組立ラインロボットとしての使用に最適である。

短所:スカラロボットには専用の産業用ロボットコントローラが必要。またそのデザインと形状ゆえ、平面にのみ限定される。さらにオフラインでプログラムするのは困難である。

デルタロボット

デルタロボット:パラレルリンクロボットとも呼ばれ、高速で動作し、大量生産を伴う作業に最適である。

デルタロボットはドーム型の覆いを備えている。これはアーム内の重量を軽減する設計であり、高速化できる理由である。それらは主にピックアンドプレースの自動化に使用され、他のマシンと完全に同期して動作するようにプログラムされている。

長所:高速である。一般的なデルタロボットは、スカラロボットより30%高速。また高速でありながら操作精度が高い。高い生産性があり、1秒あたり最大3つのパーツを処理できる。

短所:可動部品が多く、複雑である。専用のロボットコントローラが必要。

使用業界:産業用アプリケーション、食品、製薬、電子産業、自動車産業、光ファイバーのアライメント

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

中国のサービス用ロボットの具体例と活用事例

配膳ロボット

Alibabaが所有する Hema食料品事業の一部であるレストランチェーン Robot.He は、ロボットとデジタル技術を通じて消費者のレストラン体験に革命を起こすことを目指している。

Robot.He は、自動運転車を倉庫のロジスティクスに応用し、現在はロボット サーバーのみを使用して食品をテーブルに運んでいる。この画期的なコンセプトは、最初の発売から3年後に中国全土の 100を超える店舗で実現した。

人間の給仕スタッフと比較して、ロボットのスタッフはより多くの時間働き、チップを受け取らない。昇給を要求したり、文句を言ったりすることもない。これらすべてが、最終的に企業のコストを削減し、消費者の価格を下げるレストランにできる要因である。

ロボットシェフ

2022年北京冬季オリンピックのメインメディアセンター内にあるスマートレストランは、世界の注目を集めた。スマートなレストラン内では、ロボットシェフが200種類以上の中華料理と西洋料理を調理することができた。一方、天井からぶら下がっているロボットは、注文した料理を各個人に個別に届けることができる。

ロボットシェフが人間と同じように炒め物をする技術の実行を確認するために、スマートレストランの研究開発チームは、ソフトウェアを使用してあらゆる種類のさまざまな炒め物シナリオをシミュレートし、多数の実験を行った。チームは最終的に、ロボットが鍋に材料を入れ、加熱レベルを正確に制御し、経験豊富なシェフが作る品質レベルに匹敵する調理を可能にするシステムを開発した。

診察ロボット

中国のトップ大学の研究者は、コロナウイルスの発生時に、最前線で命を救うのに役立つロボットを設計した。

この機械は車輪付きのロボットアームで構成されており、超音波検査を実行したり、口から綿棒を採取したり、通常は聴診器を使用して患者の臓器から発せられる音を聞いたりすることができる。接触を伴う行動を行った後に、自らを消毒することも可能である。

このような作業は通常、医師が直接行う。しかし、カメラを搭載したこのロボットでは、医療関係者は患者と同じ部屋にいる必要はない。医療関係者への感染拡大を防ぐためにも、危険なタスクを代わりに実行できるとしている。

中国でビジネスをするなら知っておきたい10のこと

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次